シンニチ保険WEB

太陽生命、味の素・エスアールエル・セルメスタの3社と三大疾病予防に関し業務提携

太陽生命はこのほど、味の素株式会社、株式会社エスアールエル(以下、「SRL」)、株式会社セルメスタの3社と、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)の予防に関する業務提携について、覚書を締結した。
三大疾病である「がん」、「脳卒中」、「心筋梗塞」は、日本人死亡率の51.4%を占めており(*1)、総患者数は約463万人と推定されている(*2)。
太陽生命は、本格的な超高齢社会、「人生100歳時代」の到来に向け、「健康寿命の延伸」という社会的課題にこたえるため、2016年6月から、「従業員」「お客様」「社会」のすべてを元気にする取り組み、「太陽の元気プロジェクト」を推進している。また、その中で認知症を対象に「予防」に関する様々な商品サービス開発・共同研究等に取り組んできた。
こうした取り組みで得た知見を活かし、さらに多く方に元気をお届けするため、今般、当プロジェクトにおける「予防」の取り組み対象を「三大疾病」に拡大することとした。
味の素は、血液中のアミノ酸濃度バランスから、現在・将来のさまざまな疾患リスクを一度に評価するアミノインデックス(R)リスクスクリーニング(AIRS(R))(*3)を提供し、SRLは同検査について医療機関からの検査受託を行っている。また、セルメスタは企業健康保険組合向けのITプラットフォームやコンサルティングノウハウなどを保有している。
今回の業務提携を通じて、4社は検査結果、疾病データ、生活習慣データ等のビッグデータ解析を推進し、予防視点の新たな検査と保険商品の一体開発など、予防に資する新たなソリューションサービスの開発にむけた共同研究を実施する予定。
太陽生命は今後とも、ご家庭に寄り添い、「人生100歳時代」を元気に長生きできる明るい長寿社会の実現に向け、社会における三大疾病予防に関する理解促進を図るとともに、予防サービスのさらなる充実を目指していく。
(*1)2017年厚生労働省「人口動態統計年報」より
(*2)2017年厚生労働省「患者調査の概況」より
(*3)血液中のアミノ酸濃度バランスから、“現在がんである可能性”、“10年以内に脳卒中・心筋梗塞を発症するリスク”、“4年以内に糖尿病を発症するリスク”および、“血液中の必須・準必須アミノ酸の低さ”を一度に評価する検査
(*4)株式会社エスアールエルと株式会社セルメスタは、みらかホールディングス株式会社の連結子会社である

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命、2020年3月末市場整合的エンベディッド・バリューを開示

生保

太陽生命、新型コロナウイルス感染症に関する災害死亡保険金等の支払いについて発表

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOインターナショナルによるポルトガルの農業保険総代理店ATLAS社と業務提携

生保

太陽生命、「My介護Bestプラス」の販売提携金融機関を追加

生保

太陽生命、苦情対応に関する国際規格「ISO10002」への適合性に関する「第三者意見書」を取得

生保

太陽生命、日帰り入院で最大40万円を受け取れる医療保険をネットで新発売

生保

太陽生命、「My介護Bestプラス」を銀行窓販で販売開始

生保

太陽生命、株式会社群馬銀行で「まごころの贈り物(外貨)」の販売を開始

生保

大同生命、相続・事業承継分野における業務提携

生保

太陽生命、企業・団体向け『3大疾病保障・就業不能収入保障特約』を新発売

関連商品