シンニチ保険WEB

FWD富士生命、「RedBullBoxCartRaceTokyo2019.」開催

FWD富士生命は、10月6日(日)に「よみうりランド」で開催された、オリジナルマシン(手作りカート)のクリエイティビティとタイムを競うレース、「RedBullBoxCartRace(レッドブル・ボックスカート・レース)Tokyo2019.」をオフィシャルスポンサーとして協賛した。FWD富士生命はオリジナルマシンで参加し、レーシングドライバー佐藤琢磨選手と、ファッションモデルの出岡美咲さんがドライバーを務めた。
RedBullBoxCartRaceTokyo2019.当日は、約7,000人の来場者が訪れ会場は大盛況。個性的な手作りカートが次々と出走し、会場が笑いと歓声に包まれる中、FWD富士生命社員がデザインしたオリジナルマシン2台が登場した。
佐藤琢磨選手がドライブしたのは「いくぜ、FWDトレイン」。FWD富士生命のブランドスローガンである「いくぜ、人生。」をコンセプトに、人生を旅する電車をイメージしたマシンに乗り込み、さすがレーシングドライバーというドライブテクニックを披露した。出岡美咲さんが搭乗したのは「いくぜ、レディGO」。仕事も、プライベートも輝く女性をモチーフにしたマシンで、来場者の声援に応えた。
二人にとって、初めての体験となるレッドブル・ボックスカート・レース出走の感想について、佐藤琢磨選手は「レーシングドライバー人生の中で、今回、初めてボックスカートのドライバーを務めました。FWD富士生命のブランドスローガンらしく、挑戦と攻めの走りができたと思います。スタッフの方々との共同作業と、ファン皆さんからの熱い声援が最高でした。」、出岡美咲さんは「『仕事も、プライベートも輝く女性』という素敵なモチーフのマシンのドライバーを務めることができ、嬉しく思います!FWDグループが主催する北極マラソンでも私を含め、女性ランナーも多くいましたし、FWDらしいモチーフだと思いました!」とそれぞれコメントした。
そのほか、会場に開設したFWD富士生命のイベントブースでは、ロボットカメラを使ったオリジナル記念動画の撮影コーナー設置や、佐藤琢磨選手オリジナルグッズをプレゼントする企画を実施。多くの来場者が楽しんでいた。
FWD富士生命は、「人々が抱く『保険』に対する感じ方・考え方を刷新すること」をブランドビジョンに掲げている。「RedBullBoxCartRaceTokyo2019.」が、皆が人生を楽しむことや、多様な生き方について考えるきっかけとなることを目指す。
■開催概要
大会名称:RedBullBoxCartRace(レッドブル・ボックスカート・レース)Tokyo2019.
開催日時:2019年10月6日(日)12:30レーススタート
会場:よみうりランド特設会場(東京都稲城市)
主催:レッドブル・ジャパン株式会社
公式HP:https://soapboxrace.redbull.com/jp/ja/

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大樹生命、“あっ、タイジュ!”シリーズ続編CM『日本中の街に大樹篇』2019年10月21日より放映開始

生保

第一生命、「都市の緑3表彰」の受賞者決定

生保

FWD富士生命、「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」を開催

生保

SBI生命、「ご提案募集」の受賞者を発表

生保

SBI生命のブランドチャンネルがZUU onlineで開設

協会・団体

損保協会、「華麗なる自動車盗難防止対策」10月7日(月)から第19次自動車盗難防止キャンペーンをスタート

生保

FWD富士生命、「RedBullBoxCartRaceTokyo2019.」のオフィシャルスポンサーとして協賛

生保

SBI生命、「消費増税を乗りこえろ!『クリック定期!Neo』家計応援キャンペーン」を実施

生保

アクサダイレクト生命、ブランドキャンペーン『アクサスピード』を開始

損保

アニコム損保、ドッグイベントの全国キャラバンを開催決定

関連商品