シンニチ保険WEB

日本生命、「ハラスメント」に関するアンケート調査を実施

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューのひとつとして、ホームページ(https://www.nissay.co.jp)内の「ご契約者さま専用サービス」にて、「ハラスメント」に関するアンケート調査を実施した。
≪アンケート概要≫
■実施期間:2019年9月25日(水)~9月29日(日)
■実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
■回答者数:2,232名(男性:1,186名、女性:1,046名)
■結果詳細:https://www.nissay.co.jp/news/2019/pdf/20191003.pdf
《アンケート結果のポイント》
ポイント①
【以前に比べて、ハラスメントは増えたと感じるか】
○「以前と比べてハラスメントは増えてきていると感じるか」という質問に対し、全体の13.5%が「増えた」、20.2%が「減った」、66.4%が「変わらない」と回答した。
〇男性・女性ともに全年代で6割以上が「変わらない」と回答した。
ポイント②
【職場でハラスメントが起きたことがあるか】
○2人に1人が職場において、これまでハラスメントが「起きたことがある」と回答した。
○男性では20代以下の約75%が「ある」と回答し、全年代のうち最も多かった。
○女性では50代の約55%が「ある」と回答し、全年代のうち最も多かった。
ポイント③
【職場であったハラスメントは、何のハラスメントか】
○全年代で「パワーハラスメント」と回答した人が約9割となり最も多かった。
○「職場でハラスメントが起こったことがある」と回答した割合が最も多かった男性20代以下のうち、全てが「パワーハラスメントがあった」と回答している。
○男性では「アルコールハラスメント」、女性では「マタニティーハラスメント」が上位5位以内となった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、総健リサーチ第1弾「7歳の“人生100年時代”調査」を実施

生保

カーディフ生命、「将来プランの実現と保険」に関する意識調査を実施

生保

日本生命、「第8回健康寿命をのばそう!アワード」<生活習慣病予防分野>厚生労働省健康局優良賞企業部門の受賞

生保

日本生命、サステナビリティレポート~SDGsハイライト~をHPに掲載

生保

大樹生命から日本生命への有価証券管理事務の委託開始

生保

朝日生命、インターネットアンケート調査「親」に関して心配に思うこと

生保

日本生命、子会社ライフケアパートナーズによる企業主導型保育所と企業・従業員を繋ぐサービスを展開

生保

日本生命、「グッドキャリア企業アワード2019」大賞(厚生労働大臣表彰)を受賞

損保

日立キャピタル損保、2019年度「お客さまの声(苦情)」 受付状況を公表

生保

日本生命、スマートフォンアプリ「日本生命アプリ」で利用可能な手続きの拡大

関連商品