シンニチ保険WEB

日本生命、欧州SDGs社債ファンドへ投資

日本生命と大樹生命は、ニッセイアセットマネジメントが運用する欧州SDGs社債ファンドにそれぞれ50億円投資した。
当ファンドへの投資は、日本生命及び大樹生命が共同して行う初めての投資案件であり、SDGs達成への貢献にも繋がるESG投融資案件となる。加えて、大樹生命としては、初のSDGs社債ファンドへの投資となる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、お客様本位の業務運営に関する2020年度取組を改定

生保

第一生命、予防接種のための国際金融ファシリティが発行するワクチン債へ投資

生保

日本生命、「ITJapanAward2020」特別賞を受賞

生保

住友生命、国際金融公社が発行するソーシャルボンドへ投資

生保

大樹生命、お客さま本位の業務運営に関する2019年度取組結果を公表

生保

三井住友海上あいおい生命、米州開発銀行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへ投資

生保

日本生命、民間企業19社で構成する「ESG情報開示研究会」の発足と参画

生保

明治安田生命、三菱UFJフィナンシャル・グループが発行するサステナビリティボンドに投資

生保

太陽生命、「大阪府住宅供給公社」が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

日本生命、MLCLimitedの追加増資を決定

関連商品