シンニチ保険WEB

FWD富士生命、「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」乳がんと闘う矢方美紀さん(元SKE48)トークセミナーを開催

FWD富士生命は、乳がん月間である10月にあわせて、乳がんセミナー「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」を2019年10月16日(水)14:00から東京・銀座で開催する。本セミナーは、がん治療中のアピアランスの悩みと、その克服方法について乳がんと闘う矢方美紀さん(タレント・元SKE48)とNPO法人全国福祉理美容師養成協会(以下NPO法人ふくりび)の事務局長岩岡ひとみさんのトークセッション形式で実施する。
また、本セミナーへの参加者の募集を、9月26日より開始する。
■外見の変化で「かわいそうと思われたくない」約6割(※1 国立がん研究センター中央病院野澤センター長調べ)
がんの治療で起こりうる、脱毛、顔の変色、むくみなど、外見の変化により感じるストレスは様々である。治療中の見た目の変化は日常生活にも多大な影響を与え、「学校や会社をやめた」「人に会うのが億劫になった」「かわいそうと思われたくない」と感じ、社会と距離をとってしまう原因になることもある。実際にがん患者さんの90%が、「仕事中は、従来通りの姿を装うことが重要」と答え、97%の人が「外見に関する情報の提供は病院でなされるべき」※2と考えるなど、アピアランス(見た目)に関するサポートは求められている。
■一生涯で乳がんに罹患するリスクは、11人に1人。がんになっても社会とつながる為に、“アピアランスサポート”の重要性は高まっている。
「人々が抱く『保険』に対する感じ方・考え方を刷新すること」をビジョンに掲げるFWD富士生命は、「誰もがその人らしく美しく過ごせる社会の実現」に向けて活動しているNPO法人ふくりびの協力のもと、がんに罹患しても前向きに今日と向き合うために必要な“アピアランスサポート”を支援している。乳がんになっても夢をあきらめず、前向きに様々な活動の幅を広げている矢方さん自身も、アピアランスサポートを受け、その大切さを実感しているひとりである。当日はその経験談を交えながら、まだ一般的には馴染みの薄い「アピアランスサポート」に関して紹介する。
―開催概要<参加費無料>―
日時:2019年10月16日(水)14:00~15:00(受付:13:30)
内容:「がんと共に生きるためのアピアランスセミナー」
会場:パノラマスペースcommonginza(東京都中央区銀座5-8-1GINZAPLACE3F)
登壇者:矢方美紀(タレント・元SKE48)岩岡ひとみ(NPO法人ふくりび事務局長)
主催:FWD富士生命保険株式会社
協力:NPO法人ふくりび
―申込み方法―
募集フォーム:https://www.breast-cancer-seminar.jp
募集人数:10名(抽選により決定)
募集期間:9月26日(木)~10月10日(木)
※抽選結果はメールにて当選者のみへ連絡する。
※当日はメディアの取材やカメラ撮影が入る可能性がある。
※1、2→出典元:国立がん研究センター中央病院野澤桂子センター長
※1 野沢センター長が2018年にがん患者やがん経験者の男女1034人を対象に行ったインターネット調査より
※2 がん医療の場において、外見の悩みを軽減すること『医療者向け「アピアランスケアの手引き」が作成される時代』
http://www.com-info.org/medical.php?ima_20171024_nozawa

関連記事(保険業界ニュース)

損保

トーア再保険、令和元年台風19号災害に対する義援金を拠出

協会・団体

損保協会、「交差点事故注意」チラシとポスターを沖縄県警に寄贈

協会・団体

損保協会、滋賀県東近江市立山上小学校の防災教室で「ぼうさいダック」等を実施

生保

アフラック生命、「オンライン医療相談サービス」の提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、国土地理院の浸水推定情報を活用したお客さま対応に関する取組みを実施

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

アクサ生命、『アクサの「治療保障」のがん保険 マイ・セラピー』の広告キャンペーンとCM放映をスタート

損保

三井住友海上福祉財団、2019年度「研究助成」を決定

損保

損保ジャパン日本興亜環境財団、インドネシア版CSOラーニング制度で修了式を開催

損保

あいおいニッセイ同和損保、「タフ・見守るクルマの保険プラス」のイメージキャラクターに岡田准一さんを起用

関連商品