シンニチ保険WEB

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いへの発表

生保協会は、各生命保険会社が、このたびの災害により災害救助法が適用された地域の被災契約者の契約について、以下の特別取扱いをすることを発表した。
1.保険料払込猶予期間の延長
申し出により、保険料の払込みについて、猶予する期間を最長6か月延長する。
2.保険金・給付金、契約者貸付金等の簡易迅速な支払い
申し出により、必要書類を一部省略する等により、簡易迅速な取扱いをする。
※詳細は、各生命保険会社に問い合わせる事。
・法適用日        2019年9月8日
・災害救助法適用市町村  東京都島しょ大島町(とうしょおおしままち)
・備 考         令和元年台風第15号による災害により、住家に多数の被害が生じている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、令和2年7月3日からの大雨による災害に関する損保業界の対応を発表

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(大分県・岐阜県)を発表

生保

住友生命、第14回「未来を強くする子育てプロジェクト」募集を開始

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(長野県)を発表

生保

富国生命、企業(団体)向けサービス「ホームヘルパー協定」を紹介開始

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちに“オリジナル絵本”を寄贈

損保

MS&ADホールディングス、気候変動リスク分析ベンチャーJupiterIntelligenceとのTCFD向け気候変動影響定量評価サービスを開始

生保

第一フロンティア生命、「ライフシミュレーションゲームFrontierWorld」を全国展開

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定

関連商品