シンニチ保険WEB

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いへの発表

生保協会は、各生命保険会社が、このたびの災害により災害救助法が適用された地域の被災契約者の契約について、以下の特別取扱いをすることを発表した。
1.保険料払込猶予期間の延長
申し出により、保険料の払込みについて、猶予する期間を最長6か月延長する。
2.保険金・給付金、契約者貸付金等の簡易迅速な支払い
申し出により、必要書類を一部省略する等により、簡易迅速な取扱いをする。
※詳細は、各生命保険会社に問い合わせる事。
・法適用日        2019年9月8日
・災害救助法適用市町村  東京都島しょ大島町(とうしょおおしままち)
・備 考         令和元年台風第15号による災害により、住家に多数の被害が生じている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保ジャパン日本興亜、「移動支援サービス専用自動車保険」を活用して岡山県の福祉政策を支援

マニュライフ生命、赤い羽根福祉基金を通じた「子どもの療養環境向上サポート助成」の助成先公募をスタート

生保

大同生命、「大同生命・循環器病研究振興財団健康セミナー」を開催

損保

アクサダイレクト、坂井市、高知市、旭川市の中学校で計140人に向けてキャリア教育授業を実施

生保

生保協会、「はじめての気候変動対応ハンドブック」の作成・公表

生保

ジブラルタ生命、令和元年台風19号等の被害に対する寄付

損保

トーア再保険、令和元年台風19号災害に対する義援金を拠出

協会・団体

損保協会、「交差点事故注意」チラシとポスターを沖縄県警に寄贈

協会・団体

損保協会、滋賀県東近江市立山上小学校の防災教室で「ぼうさいダック」等を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、国土地理院の浸水推定情報を活用したお客さま対応に関する取組みを実施

関連商品