シンニチ保険WEB

住友生命、2018年度スチュワードシップ活動に関する考え方および活動状況を報告

住友生命は、スチュワードシップ活動(対話・議決権)に関する考え方および2018年7月から2019年6月(以下、「2018年度」)に実施したスチュワードシップ活動の状況と今後の活動運営について報告した。
同社は負債が長期にわたるという生命保険の資金特性を踏まえ、中長期投資を基本スタンスとしており、株式投資についても、中長期的な視点から株式価値の向上が見込まれると判断した企業に投資をしている(※)。
スチュワードシップ活動は、保有している株式の中長期的な株式投資リターンの拡大を図るための重要な手段であるという認識のもと、株式投資における中核業務と位置付けて取り組んでおり、特に投資先企業の株式価値向上を最も期待できる手法であると考える対話を軸に据えている。
そして、対話を軸として、議決権行使や投資先企業を対象とした文書発信等の手段を有機的に結び付けることで、実効性を高めていく方針。
(※)特別勘定においては、スチュワードシップ・コードへの対応も参考に助言会社を選定し、投資助言を受けて株式運用を行っている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、“住友生命「Vitality」プラザ”を展開

損保

三井住友海上、AIを活用した新たな代理店システム「MS1 Brain」を開発

生保

住友生命、みらかホールディングスが発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

住友生命、令和元年台風第19号等による被災者に対する特別取扱い

生保

住友生命、東京都が発行する「グリーンボンド」へ投資

生保

住友生命、クラシック音楽専用ホール「いずみホール」改称

生保

大樹生命、国連責任投資原則(PRI)に署名

協会・団体

損保協会、NAICQJ・RJ評価プロセス案の意見を提出

生保

住友生命、「第32回全国縦断チャリティコンサート大型楽器」寄贈プロジェクトを実施

生保

アクサ生命と住友生命、「ウェルエイジングサポートあすのえがお」を一部地域で提供開始

関連商品