シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、「ピンクリボンフェスティバル2019」に特別協賛

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、「ピンクリボンフェスティバル2019」(主催:公益財団法人日本対がん協会、朝日新聞社ほか)に特別協賛する。ピンクリボンフェスティバルへの協賛が3年目となる今年、乳がん啓発活動の幅を広げ「ピンクリボンスマイルウオーク神戸」へ初協賛する。
同社は、生命保険のその先、お客さまに一生涯寄り添う「健康応援企業」への変革を目指し、健康サービスブランド「リンククロス」を立ち上げ、保険本来の機能(Insurance)と健康を応援する機能(Healthcare)を組み合わせた従来にない新たな価値「Insurhealth((R))(インシュアヘルス)」を提供している。
ピンクリボンフェスティバルは、乳がん啓発活動である「ピンクリボン運動」の取組みの一つである。同社は、ピンクリボンフェスティバル2019のメインイベントである「ピンクリボンスマイルウオーク東京」、「ピンクリボンスマイルウオーク神戸」へ協賛し、街を行き交う人々へ乳がん検診の大切さを伝える啓発活動を行う。
また、「ピンクリボンオープンセミナー」へ協賛し、20~35歳の女性に向けて、乳がんとブレストケアに関する正しい知識について啓発活動を推進する。
同社は、これらのイベントを通じ、保険会社としての“いざというとき”のサポートを越えて、お客さまが「どんな時でも、自分らしく胸をはって生きる」ことを実現するための取組みを促進していく。
■ピンクリボンフェスティバルとは
「ピンクリボンフェスティバル」は、2003年より日本対がん協会が朝日新聞社等とともに各地で「乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える活動」を続け、今年で17年目を迎える。乳がんで命を落とす人を一人でも減らせるよう乳がん検診受診率の向上を目指し、患者とそのまわりの人たちを支える活動にも取り組んでいる。
【参考】
■ピンクリボンフェスティバル2019ピンクリボンオープンセミナー概要
【開催日】2019年9月14日(土)
【会場】クイーンズスクエア横浜クイーンズサークル
【主催】ピンクリボンフェスティバル運営委員会(日本対がん協会・朝日新聞社ほか)
URL:http://www.pinkribbonfestival.jp/seminer/
■ピンクリボンスマイルウオーク東京概要
【開催日】2019年10月5日(土)※雨天決行、荒天中止
【会場】六本木ヒルズアリーナ発着
【主催】日本対がん協会、朝日新聞社、テレビ朝日
URL:http://www.pinkribbonfestival.jp/smilewalk/tokyo.html
■ピンクリボンスマイルウオーク神戸概要
【開催日】2019年10月12日(土)※雨天決行、荒天中止
【会場】スペースシアター
【主催】日本対がん協会、朝日新聞社、ABCテレビ、神戸新聞社
URL:http://www.pinkribbonfestival.jp/smilewalk/kobe.html

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献の取組みを実施

生保損保

チューリッヒ生命とチューリッヒ保険、新型コロナウイルス感染症対策として認定特定非営利活動法人シャイン・オン・キッズへ600万円を寄付

生損

BNPパリバ・カーディフ、新型コロナウイルス感染症への対応として約366億円を拠出

生保

メットライフ生命、新型コロナウイルス感染の拡大・拡散防止に向けた支援としてマスク10万枚を寄付

生保

第一生命グループ3社、新型コロナウイルス感染拡大に伴う医療機関および医療従事者の方々への支援の実施

損保

損保ジャパン、「SOMPOパラリンアートカップ2020」にトップスポンサーとして参画

生保

生保協会、新型コロナウイルス感染症対策への支援として10億円の寄附を決定

損保協会・団体

損保協会、新型コロナウイルス感染症対策への支援金を寄付

生保

第一生命、グラミン・クレディアグリコル基金を通じたマイクロ・ファイナンス向けの融資を発表

生保

アクサ生命、キャリア教育副教材『人生100年時代 未来の自分を考えてみよう』による社会啓発を開始

関連商品