シンニチ保険WEB

住友生命、株式取得でアイアル少額短期保険株式会社を子会社化

住友生命は、アイアル少額短期保険株式会社(以下「アイアル少短」)の株式を8月21日付で取得し、子会社化した。
アイアル少短は、特定のマーケットニーズに対応した商品を機動的に開発・販売する少額短期保険会社である。これまでも様々なユニークな商品を開発しており、医療保険、家財保険、孤独死保険などを主力としている。今後は住友生命グループの一員として、グループ各社とのシナジー等を発揮していくことにより、さらなる成長が期待できるものと考えている。
住友生命ではこれまで、多様化するお客さまのニーズに応えるため、グループ会社とともに様々な販売チャネル特性に合わせた商品を開発・提供する「マルチチャネル・マルチプロダクト戦略」を推進してきた。
国内の生命保険市場においては、少子化・高齢化の進展に伴い、お客さまニーズが多様化・細分化しており、いわゆる「ニッチな分野」への保障提供の必要性も高まっているものと認識している。
こうした中、アイアル少短を通じて、今後マーケットの拡大が期待できる「ニッチな分野」に対しても、より機動的に保障を提供していくことにより、「マルチチャネル・マルチプロダクト戦略」の更なる推進が図れるものと考えている。
住友生命は、営業職員をはじめ様々なお客さま接点を通じて、より多くのお客さまとその家族に最適な保障を提供し、万全の安心を届けることで、お客さまから見て「一番薦めたい保険会社」を目指していく。
■アイアル少短の概要
会社名:アイアル少額短期保険株式会社
設立:1984年4月
事業内容:少額短期保険業
本社所在地:東京都中央区日本橋大伝馬町1-3
代表者:代表取締役社長安藤克行
※2011年2月に学総株式会社とライズ少額短期保険株式会社が合併し、現名称に変更

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、2019年度「お客さま本位の業務運営方針」に係る取組状況を公表

生保

住友生命グループ、新型コロナウイルス感染拡大に伴う寄付の実施

損保

あいおいニッセイ同和損保 他3社、SYNQA社(旧 Omise Holdings)へ出資

生保

住友生命、国際金融公社が発行するソーシャルボンドへ投資

損保

SOMPOホールディングス、Palantirと「安心・安全・健康のリアルデータプラットフォーム」を立ち上げ

生保

日本生命、MLCLimitedの追加増資を決定

損保

SBI損保、Tポイント・ジャパンと自動車保険におけるTポイントサービス導入で基本合意

生保

T&Dホールディングス、スイスのデジタルヘルスケア企業「ダカドゥ社」と業務提携に合意

生保

住友生命、第8回「スミセイアフタースクールプログラム」開催団体公募開始

生保

住友生命、新型コロナ禍における役員・従業員の緊急本音アンケート調査実施

関連商品