シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、療養中の子どものためのプレイルーム『マニュライフわくわくるーむ』を島根大学医学部附属病院に開設

マニュライフ生命が社会貢献活動の一環として取り組んでいる、療養中の子どものためのプレイルーム「マニュライフわくわくるーむ」が、寄贈先である島根大学医学部附属病院(以下「島根大学病院」)にて完成し、8月1日に贈呈式と内覧会が行われた。
「マニュライフわくわくるーむ」の設置は、子どもの療養環境向上のための取り組みとして、特定非営利活動法人子ども健康フォーラムと共に、マニュライフ生命が2007年より継続して行なっている活動である。療養中の子どもたちの心のケアを行う中核施設として、プレイルームの意義を啓発し、全国の小児医療関連施設へのプレイルーム設置を支援しており、島根大学病院は16ヵ所目の設置先となる。
8月1日の贈呈式には、島根大学病院より井川幹夫病院長および竹谷健小児科教授、子ども健康フォーラムより前田正信理事長および篠原佳則理事・運営委員長、公益財団法人ヘルスサイエンスセンター島根より広沢卓嗣理事長、マニュライフ生命より常務執行役員兼チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)の浅井鈴美子が参加した。続いて、新たに完成したマニュライフわくわくるーむの開設を祝して、子どもたちによるテープカット(写真)と内覧会が行われた。
島根大学病院は県内唯一の特定機能病院*2として、がん治療を中心にAYA世代の診療を積極的に行なっている。乳幼児から若年成人までの幅広い世代が、年齢や目的に応じて心地よく過ごせるプレイルームにしたいという病院の希望により、乳幼児から学童期の子ども向けプレイルームのほかにAYA世代向けプレイルームなどを設け、一つのエリアに総合的な機能を備えた「マニュライフわくわくるーむ」の設置が実現した。
マニュライフ生命は、今後も社会貢献活動に積極的に取り組んでいく。
*115歳から30歳前後の思春期・若年成人(AdolescentandYoungAdult:AYA)
*2高度先端医療の提供・開発・研修などに対応できる病院として厚生労働大臣が承認した病院
<参考>
■島根大学医学部附属病院『マニュライフわくわくるーむ』概要
島根大学医学部附属病院C病棟6階小児センター
住所:〒693-8501島根県出雲市塩冶町89-1
https://www.manulife.co.jp/servlet/servlet.FileDownload?file=00P10000011RznZEAS

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、「令和元年台風19号」「令和元年8月の前線に伴う大雨災害」および「令和元年台風15号」被害に対する義援金等の拠出

生保

メットライフ生命、「令和元年台風第15号」および「令和元年台風第19号」における災害救助法適用地域のお客さまに対する特別取扱い

生保

明治安田生命、「令和元年台風第19号」等により被災されたお客さまへ特別取扱い

生保

はなさく生命、「令和元年台風第19号」の被災者対する特別取扱い

生保

ネオファースト生命、「令和元年 台風第19号」による災害にかかる災害救助法適用地域等のお客さまに対する特別取扱い

生保

日本生命、「令和元年台風第19号」の被災者に対する契約貸付・入院給付金の特別取扱い

生保

ニッセイ・ウェルス生命、「令和元年台風第19号」の被災者に対する契約貸付・入院給付金の特別取扱い

生保

大樹生命、「令和元年台風第19号」の被災者に対する契約者貸付・入院給付金の特別取扱い

生保

第一生命、「令和元年 台風第19号」による災害にかかる災害救助法適用地域等のお客さまに対する特別取扱い

生保

ソニー生命、「令和元年台風第19号」による被災者に対する義援金の寄贈

関連商品