シンニチ保険WEB

日本生命、ニッセイ インターネットアンケート~「夏のボーナス」について~を発表

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューのひとつとして、ホームページにて、「夏のボーナス」に関するアンケート調査を実施した。
≪アンケート概要≫
・実施期間:6月1日(土)~6月10日(月)
・実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
・回答者数:5,158名(男性:2,735名、女性:2,423名)
《アンケート結果のポイント》
・ポイント①
【ボーナスの支給額について】
○ボーナスの支給額は昨年と比較して、「変わらない」と回答した約7割となった。また「増えた」の回答よりも、「減った」の回答の方が上回った。
○ボーナスの平均支給額は61.0万円となった。希望支給額は106.4万円で、実際の支給額と約45.4万円の差があった。
○実際の支給額よりも多く支給された場合、その分でしたいことは、約4割が「貯蓄・資産形成」と回答した。
○支給額に対する満足度は、47.1%が「満足していない」と回答した。また男性と女性を比較すると、女性が「満足していない」8.4%多かった。
・ポイント②
【ボーナスの使い道について】
○貯蓄・資産形成の手段を選ぶうえで、最も重視する点は「元本が保証されていること」が66.5%となり最も多かった。
○ボーナスを貯蓄・資産形成に回す目的は、「老後の生活資金」が67.0%となり最も多かった。
○令和初のボーナスの使い道は、「国内旅行」が19.5%となり最も多く、次いで「生活費の補てん(18.8%)」が多かった。
・ポイント③
【初めてのボーナスでのプレゼントについて】
○初めてのボーナスで「自分以外の人へプレゼントをした」は52.6%となり、約2人に1人がプレゼントをすると回答した。
○プレゼントの平均金額は「23,000円」となった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

エイチ・エス損保、新型コロナウイルスに関する注意喚起を発表

生保

日本生命、資産運用高度化に向けた有価証券運用システムを整備

生保

日本生命、2020年プロ野球「日本生命セ・パ交流戦」に協賛

生保

日本生命、千葉県版包括協定「2020ちばパートナーズ」に登録

生保

大同生命、「新電力入札支援サービス」の提供開始

生損

共栄火災、富国生命、フコクしんらい生命、全信懇「第39回信用金庫PRコンクール」入賞作品を決定

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債の発行

損保

ソニー損保、「手話・筆談サービス」の提供対象を拡大

生保

三井住友海上プライマリー生命、「最適な提案のための仮説想像力研修」を開発

損保

日新火災、「マンションドクター火災保険」の新付帯サービス「防火管理者受託型コンサルティングサービス」を2020年4月より開始

関連商品