シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、東京都・ビール酒造組合主催「女性の適正飲酒啓発活動」を後援

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、東京都およびビール酒造組合が主催する、女性の適正飲酒啓発活動「女性のお酒あるある川柳」の募集を後援する。
同社は「健康応援企業」への変革を目指し、契約者だけでなく広く一般消費者の健康増進・維持を応援する取組みを実施している。
また、同じSOMPOホールディングスグループの一員である損害保険ジャパン日本興亜が包括提携した東京都との「ワイドコラボ協定」に基づき、同社は、健康増進分野での連携を行っている。
今回、女性の適正飲酒についてあらためて考えてもらうきっかけとなる「女性のお酒あるある川柳」の募集趣旨に賛同し、都民の一層の健康増進・維持を応援する取組みとして、後援することとした。
○後援の内容
一般に、女性は男性に比べて、より少ない飲酒量で生活習慣病のリスクが高まると言われていることから、自分に合ったお酒の飲み方を知ることが重要。そこで以下の具体的な取組みを通じて、広く女性の適正飲酒啓発活動を支援する。
・ビール酒造組合発信ツイッター投稿の、同社公式アカウントによる引用リツイート
・同社東京都下オフィス6箇所および損保ジャパン日本興亜本社ビルでのポスター掲示
同社は今後も「健康応援企業」への変革を目指し、都民の一層の健康支援および地域活性化に貢献するため、健康増進に寄与していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定