シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、「自助の日」創設に合わせ金融リテラシー教育を推進

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、生保協会(以下、協会)が制定した記念日「自助の日」に際して、金融リテラシー向上に関する同社の取組みを発表した。
1.背景・経緯
協会は、5月28日を、人生100年時代に豊かな人生を送るために自らのライフプランを描き、自らの将来に備えていく“自助”について考える日という願いをこめて「自助の日」と制定した。5月28日(5つ葉)には、“自助”について考えるために大切な「希望、知恵、財運、健康、愛」の意味が込められており、生命保険業界は、“自助”について考えるうえで必要なリテラシーの向上に努めている。
そのなかで同社は、一昨年より小学生を対象に『「お金」と「保険」の授業』を無償で広めていく活動を行っている。諸外国と比べて金融経済教育が遅れていると言われる日本において、このような活動を行うことで、授業を受けた子ども達が「お金」と「保険」について興味を持ち、考えるきっかけをつくること、また少子高齢化が急速に進み、人生100年時代といわれている世の中で子供たちが生き抜くための知識を習得することを目的として行っている。
<授業実施先一覧>
実施時期実施対象
・2017年度小学校1校、百貨店1カ所
・2018年度小学校4校
2.今後について
今後も同社はこの取組みを日本全国および学校教育に広げ、人生100年時代を生き残るための金融リテラシーの向上に貢献することで、持続可能な社会の実現を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定