シンニチ保険WEB

日本生命、2018年度決算(案)を発表

日本生命は、2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)の決算(案)を発表した。
■日本生命(単体)
○収支
・日本生命単体は前年度より増収・増益
保険料等収入 47,751億円(対前年度+6.4%)
基礎利益 6,782億円(同+1.5%)
・保険料等収入は、外貨建商品「ロングドリームGOLD2」(ニッセイ指定通貨建積立利率変動型一時払終身保険)の商品改定(2018年10月)や、円建商品「夢のかたちプラス」(ニッセイ予定利率変動型一時払逓増終身保険)の販売再開(2018年8月)等による銀行窓販チャネルでの増加を主因に増加
・基礎利益は、株式関連の配当金・投信分配金の増加を主因に、利差益が増加したことから増益を確保
○資産運用
・資産運用収支は前年度より増加
資産運用収益 16,326億円(前年度差+296億円)
・資産運用収益は、株式関連の配当金・投信分配金が増加したこと等を主因に増加
・資産運用費用は、有価証券売却損が増加したこと等を主因に増加
○健全性
・劣後ローン調達に加え、危険準備金・価格変動準備金の着実な積増等によって、自己資本が前年度末から増加したことを主因にソルベンシー・マージン比率は増加。
ソルベンシー・マージン比率 933.3%(+15.4pt)
自己資本 62,417億円(+4,226億円)
・有価証券の含み損益は、株価下落により国内株式の含み損益が減少したものの、金利低下に伴う内外債券の含み損益が増加したことを主因に前年度末から増加
時価のある有価証券 108,972億円(前年度末差+3,499億円)
詳細:https://www.nissay.co.jp/news/2019/pdf/kessan2018/kessan.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、青森県と「包括的連携協定」を締結

生保

ライフネット生命保険、6月の業績速報

生保

日本生命、お客様本位の業務運営に関する2019年度取組を公表

損保

日本地震再保険、2018年度決算公告

生保

日本生命、ニッセイ インターネットアンケート~「夏のボーナス」について~を発表

損保

損保協会、平成30年度損保決算概況を公表

損保

MS&ADホールディングス、連結ソルベンシー・マージン比率を発表

損保

MS&ADホールディングス、有価証券報告書-第11期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)を公表

損保

東京海上ホールディングス2019年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率を公表

損保

東京海上グループ各社、2019年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率を公表

関連商品