シンニチ保険WEB

住友生命、“「Vitality」”新CM第4弾を公開

住友生命は、CMキャラクターに瑛太さんを起用している。瑛太さん演じる慎重なサラリーマン「上田一(うえだはじめ)」が、ある日、徒歩で帰宅したのを機に自転車購入を決心し、自転車通勤するシーンを描いた「通勤で1UP」篇、AppleWatchを購入し、さらにVitalityを楽しむ姿を描いた「その時、バイタリティ(自転車)」篇を2019年5月23日(木)より全国で放送する。AppleWatchを身に着け、思わず微笑む上田一の姿も見どころである。
瑛太さん演じる「上田一」が自転車通勤を始め1UPした姿と、AppleWatchを購入し自転車通勤をより楽しむ姿を描くことで、パートナー企業とともに健康増進の取組みを応援する“住友生命「Vitality」”※1の商品の一面を紹介している。また、「その時、バイタリティ(自転車)」篇では、本シリーズCMのために竹原ピストルさんに書き下ろした楽曲「あ。っという間はあるさ」を使用している。
※1 「加入時またはある一時点の健康状態を基に保険料を決定し、病気等のリスクに備える」という従来の生命保険とは一線を画し、「加入後毎年の健康診断や日々の運動等、継続的な健康増進活動を評価し、保険料が変動する」ことにより、「リスクそのものを減少させる」ことを目的とした商品である。また、「Vitality」の理念・目的に共感するパートナー企業とともに、お客さまの健康増進活動への取組みと継続をサポートする“住友生命「Vitality」”加入者向けの特典(リワード)として、様々な商品・サービスを割引価格にて提供する。
「Vitality」は、南アフリカの金融サービス会社DiscoveryLtd.(以下、「ディスカバリー」)が開発し、世界19の国と地域(2019年2月末時点)で提供されグローバルに評価を得ている健康増進プログラムであり、“住友生命「Vitality」”発売により日本初上陸となる。ディスカバリーは、Vitalityの販売に関し、1国1社の生保会社と提携しており、日本では住友生命が独占契約を締結している。
1.CMストーリー
「自転車通勤で見せた「1UP」、AppleWatchで楽しむバイタリティとは…!?」の通り、通勤中にほっと一息つきながら、AppleWatchに応援され、微笑む上田一の姿にも注目である(2019年5月23日(木)より全国にて放映開始)。
a.「通勤で1UP」篇
「5月某日、さっそうと自宅から自転車に乗って通勤する上田一。信号待ちの最中に、使い込んだ水筒に手を伸ばす上田。付属のコップに飲み物を注ぎ、ほっと一息つきながら飲み干す。そしてその後にまた、自転車をこいで通勤を再開する上田一なのでした。後日、本人に通勤途中の様子をインタビューすると…」
b.「その時、バイタリティ(自転車)」篇
「自転車通勤を新たな習慣とした上田一。信号待ちで、ふと手元に装着した物を顔に近づけ、画面を見ながら微笑む上田。装着していた物は、「AppleWatchなんですよね」と誇らしげに語りながらポップアップ画面を見せる。AppleWatchに応援され、さらに通勤も楽しんでいる上田一なのでした。後日、本人にインタビューする…」
2.新CM概要
a.タイトル
『通勤で1UP』篇(30秒・15秒)
『その時、バイタリティ(自転車)』篇(30秒・15秒)
b.出演者
瑛太
c.放映開始
2019年5月23日(木)
d.広告主
住友生命保険相互会社

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、株式会社カネカが発行する「グリーンボンド」へ投資

生保

住友生命、第30回「創作四字熟語」募集開始

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、SOMPOひまわり生命への社名変更で新CMを全国で放送開始

生保

アクサダイレクト生命、人気のBALMUDA The Toasterが当たる『AUTUMNキャンペーン』を実施

生保

マニュライフ生命、スポンサーをしているプロランナー大迫傑選手のテレビCMを放映

損保協会・団体

損保協会、ぼうさい探検隊マップコンクールの作品を募集

生保

アクサ生命、女子プロゴルファー河本 結選手とスポンサー契約を締結

生保

富国生命、齊藤工さん発案の移動式映画館プロジェクト『cinema bird』へ協力

生保

住友生命、ASEAN国等のマイクロファイナンス機関向け投融資を行うファンドへ追加出資

損保

日新火災、「お部屋を借りるときの保険」商品解説動画をホームページに掲載

関連商品