シンニチ保険WEB

生保協会、2019年度「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」を実施

生保協会では、社会貢献活動の一環として、「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」に取り組んでいる。
本活動は、国家的課題である待機児童問題の解消へ貢献することを目的に、保育所・放課後児童クラブの受け皿の拡大や質の向上の取組みに対し、総額を最大1,400万円とした資金助成を行うものである。
ついては、助成を希望する保育所・放課後児童クラブからの応募受付を5月15日より開始する。
待機児童問題が女性の社会進出の妨げの一因となっており、保育の充実や働きながら安心して子育てできる環境の整備が求められていることから、同会では、本助成活動を通じて、子育てと仕事を両立できる環境の整備に積極的に貢献していく。
応募要項、助成対象詳細
●https://www.seiho.or.jp/info/news/2019/20190515_2.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン日本興亜、「水害への備えに関する調査」結果を発表

生保

生保協会、生命保険協会長就任にあたって 所信表明

生保

生保協会、令和2年度税制改正に関する要望を発表

生保

住友生命、第7回「スミセイアフタースクールプログラム」開催団体を決定

損保

あいおいニッセイ同和損保、べルマーク200万点を被災地の学校へ寄贈

損保

損保ジャパン日本興亜、東京都の「ゼロエミッション東京」の取組みに賛同しCO2削減クレジット2万トンを寄付

生保

富国生命、奈良支社が奈良県警察本部と「安全・安心まちづくりの協力に関する協定」を締結

損保

アイペット損保、山村鉄平社長と今年度新入社員が青森県動物愛護センターでのボランティア活動に参加

生保

第一生命、東京都へクレジット(CO2超過削減量)を寄付

生保

太陽生命、『いのち輝く明るい森林(もり)づくり』を実施

関連商品