シンニチ保険WEB

チューリッヒ生命、アドバンスクリエイト社開発のシステム「共通プラットフォームシステム」サービスを導入

チューリッヒ生命は、2019年4月より、乗合代理店である株式会社アドバンスクリエイトが開発し、複数の保険会社のシステムを結んで運用される顧客管理システム「共通プラットフォームシステム」を導入した。
これまで、複数の保険会社の商品を販売する乗合代理店では、申込み対応や保全手続きの際に取り扱う保険会社ごとに必要な個別手続きの煩雑さが、業務上の課題となっていた。「共通プラットフォームシステム」では、乗合代理店で手続きをするお客様情報が保険会社各社へ連携され、必要な情報が一括して管理・運用することができるようになった。これにより、お客様、乗合代理店、保険会社の三者それぞれにおける各種手続きの大幅な簡素化が実現する。
◆本システムと連携する保険会社(50音順)
FWD富士生命保険株式会社
チューリッヒ生命
東京海上日動あんしん生命保険株式会社
ネオファースト生命保険株式会社
マニュライフ生命保険株式会社
三井住友海上あいおい生命保険株式会社
メットライフ生命保険株式会社
メディケア生命保険株式会社
同社は、本システムサービスを基盤として乗合代理店と連携し、今後もお客様を第一に考え、さらなる利便性向上を目指す。
※システムの詳細については、株式会社アドバンスクリエイトのホームページ参照。
https://www.advancecreate.co.jp/

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、リンクアンドコミュニケーションへの出資および健康増進サービスの展開に向けた業務提携

生保

SBI生命、飯田信用金庫が団体信用生命保険の導入で合意

生保

SBI生命、東濃信用金庫が団体信用生命保険の導入で合意

損保

東京海上ホールディングス、株式会社メディカルノートと資本業務提携

損保

東京海上ホールディングス、株式会社リンクアンドコミュニケーションと資本業務提携

損保

セゾン自動車火災、保険金お支払関連書類の電子保管サービス導入・受発送のアウトソーシングを開始

損保

SOMPOホールディングス、『Data Science BOOTCAMP 第5期』7月から開講

生保

明治安田生命、「お客さまの声」白書を公表

生保

日本生命、グランド・ガーディアン・ライフ・インシュアランス社へ出資

生保

T&Dフィナンシャル生命、保険契約者向け医療サポートサービス「M3 Patient Support Program」の提供開始

関連商品