新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、日本初*1ウェアラブル端末を活用した企業対抗の歩数対決イベントの開催

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、電通と、日本初となる企業対抗型の歩数対決イベント「Step Challenge JAPAN」を開催する。本取組みは、両社が導入しているフィットネスウェアラブルデバイス Fitbit*2から得られる従業員の活動量データを集約する「Fitbit Group Health」を活用したものである。
※1 同社調べ(5月10日現在)
※2 Fitbitは、フィットネスウェアラブルデバイス分野のリーダーとして、人々が目標に到達できるようにデータ、インスピレーション、ガイダンスを提供し、より健康でアクティブな生活の実現をサポートしている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI生命、社内サービスデスク業務のAIオペレーター対応を開始、本人確認を声紋認証で行う仕組みも導入

損保

損保ジャパン、SOMPO流「逃げ地図」づくりワークショップの本格展開を開始

損保

三井住友海上、社員向け生成AIチャットツール「MS-Assistant」に損害保険業務の専門的な照会応答機能を追加

損保

あいおいニッセイ同和損保、「2023BEST PRACTICES AWARD」で、米国子会社MOTERが「Enabling Technology Leadership Award」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、保険金の不正請求を検知する「AI不正検知システム」を開発

生保

明治安田生命、MYほけんアプリに新サービス「健康献立 by 味の素(株)」が登場

生保

第一生命、「exaBase Studio」を導入

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、Robust Intelligenceが業務提携

生保

SBI生命、アミフィアブルとGPT-4を組み込んだテスト工数削減AIアプリの新機能を共同開発

生保

かんぽ生命、企画業務の生産性向上・高度化を目的とした生成AIの導入

関連商品