新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、、「共通プラットフォームサービス」で乗合代理店経由のお客さまの利便性向上を実現

マニュライフ生命は、2019年4月、以前より同社商品を取り扱っている乗合代理店であるアドバンスクリエイト社が開発し、複数の保険会社と乗合代理店を結んで運用される「共通プラットフォームサービス」に参画した。
現在、乗合代理店を通じて複数の保険会社へ商品の申込みや、申込み後の住所変更、保険金請求など各種手続きを行う場合、保険会社ごとに異なる申込書への記入など、取り扱う保険会社ごとに個別の手続きが必要となっている。
「共通プラットフォームサービス」では、乗合代理店におけるお客さまの情報が保険会社各社へ連携され、必要な情報が一括して管理・運用される。一度入力された情報が自動的に複数の保険会社のシステムに反映されるため、お客さまは何度も同じ情報を記入する手間がなくなる。マニュライフ生命では、これまでも業務プロセスと働き方変革を推進してきた。今回の「共通プラットフォームサービス」を通じて、手入力で行っていた社内の事務作業が効率化し高品質化させることを目指す。
マニュライフ生命は、カスタマー・セントリシティ(お客さま中心主義)を掲げ、お客さまに先進的な商品と質の高いサービスを提供することに一貫して注力していく。これからもお客さまから信頼され、お客さまに寄り添ったサービスを届け、卓越した顧客体験を提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命、第18回エコノミクス甲子園全国大会長崎大会代表の長崎県立佐世保北高等学校が初優勝

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

生保

マニュライフ生命、2023年度第3四半期報告を発表

生保

住友生命、神奈川県秦野市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

SOMPOひまわり生命、全国健康保険協会和歌山支部と「健康経営の普及を目指した相互協力・連携にかかる覚書」締結

生保

太陽生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

生保

大同生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」に認定

損保

あいおいニッセイ同和損保、通所介護事業を行う子会社の株式会社ふれ愛ドゥライフサービスの全株式を譲渡へ

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

関連商品