新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

富国生命、世界銀行の「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」を購入

富国生命は、深刻化する海洋環境問題、特にプラスチック問題への対処を推進する世界銀行(正式名称:国際復興開発銀行(IBRD)、ムーディーズ:Aaa、スタンダード&プアーズ:AAA)の取組みに賛同し、同行が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドへの投資を実施した。クレディ・アグリコル証券会社が単独主幹事となり、総額5億スウェーデン・クローナ(日本円で60億円相当)全額を富国生命が購入した。本債券の受け渡しと資金決済が4月26日に完了した。
水と海洋資源の重要性を世界に発信すべく、世界銀行は投資家と共に継続的なイニシアチブを展開しており、本件はその最新の世銀債となる。水と海洋の生態系は、地球全体の4分の3以上を占め、生息地・飲料水から気候に至るまで、全ての生物にとって極めて重要なものである。開発途上国における水と海洋に関連するプロジェクトの世界最大の資金提供者である世界銀行は、その持続可能な利用を後押しすることの重要性について、投資家と共に世界に発信していくことにコミットしている。具体的には、開発途上国における廃棄物処理プロジェクト等への融資資金の原資として資金を活用する。
■発行概要
・発行体:世界銀行(国際復興開発銀行:IBRD)
・起債通貨:スウェーデン・クローナ
・発行総額(購入額):5億スウェーデン・クローナ60億円相当額(1スウェーデン・クローナ=12円にて計算)
・受渡日:2019年4月26日
・償還日:2032年4月26日
・発行利率:1.255%
・主幹事:クレディ・アグリコル証券会社
●世銀債購入による社会的責任投資の仕組み
世界銀行は2018年8月以降、世界各国の市場で水と海洋環境問題への対策を提起する世銀債を発行してきた。今回の富国生命の投資は、その発行累積額が10億米ドル相当に達する記念すべきものである。本件は、クレディ・アグリコル証券会社を通じて、債券の発行体である世界銀行と資金の出し手である富国生命が直接的な協議を経て実現しており、多数の投資家が参加する公募債とは一線を画した形態となっている。
富国生命では「社会への貢献」を経営理念のひとつに掲げており、企業の社会的責任(CSR)を果たすため、生命保険事業の高い公共性を踏まえ、本業である生命保険事業の健全な運営に努めると同時に、よりよい社会づくりを目指してさまざまな社会貢献活動に取り組んでいる。
本債券の購入については、契約者の大切な資金を運用するにあたって、収益性の確保のみならず、社会貢献事業への支援も果たしうる手法であると位置づけており、今後も、同様の投融資を継続的に実施していく。
【世界銀行(IBRD)プロジェクト事例】
●インドネシア:地域・都市部における廃棄物管理改善プロジェクト
≪http://projects.worldbank.org/P157245/?lang=en&tab=overview≫

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、2023・2024・2025年度日本経済の見通しを改訂

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

共済

JA共済連、クライメート・トランジション利付国債へ投資

関連商品