シンニチ保険WEB

日本生命、ミャンマーにおける生命保険合弁会社設立の意向表明書が受理

日本生命は、ミャンマー有力財閥の一つであるシュエタングループ傘下のGrand Guardian Insurance Holding Public Company Limited(以下、「GGIH」)との間で、生命保険合弁会社設立に関する基本的枠組を合意し、4月26日にミャンマー金融当局に意向表明書を提出し、受理された。
ミャンマーの生命保険市場は、2013年に民間保険会社の営業が開始されたばかりの黎明期にあるが、日本生命社はこれまでもミャンマー金融当局や保険会社との交流・情報交換を図る等、同国生命保険市場の発展に寄与してきた。また、2018年に同国ヤンゴン市に駐在員事務所を設立した。
今後、GGIHとの出資契約の最終合意に向けた協議、ミャンマー金融当局への認可申請等を進め、事業開始に向けた必要な手続を行う予定。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「第8回健康寿命をのばそう!アワード」<生活習慣病予防分野>厚生労働省健康局優良賞企業部門の受賞

生保

日本生命、サステナビリティレポート~SDGsハイライト~をHPに掲載

損保

三井住友海上、インドの持分法適用会社マックス生命とその親会社MFS社における株式の交換および一部売却の中止を決定

生保

大樹生命から日本生命への有価証券管理事務の委託開始

生保

日本生命、子会社ライフケアパートナーズによる企業主導型保育所と企業・従業員を繋ぐサービスを展開

生保

日本生命、「グッドキャリア企業アワード2019」大賞(厚生労働大臣表彰)を受賞

生保

日本生命、スマートフォンアプリ「日本生命アプリ」で利用可能な手続きの拡大

生保

日本生命、「UCDAアワード2019(生命保険分野)」を受賞

生保

日本生命、「令和元年台風第19号」の被災者に対する契約貸付・入院給付金の特別取扱い

生保

日本生命、「令和元年台風第19号」の被害に対する義援金を寄贈

関連商品