シンニチ保険WEB

日本生命、ミャンマーにおける生命保険合弁会社設立の意向表明書が受理

日本生命は、ミャンマー有力財閥の一つであるシュエタングループ傘下のGrand Guardian Insurance Holding Public Company Limited(以下、「GGIH」)との間で、生命保険合弁会社設立に関する基本的枠組を合意し、4月26日にミャンマー金融当局に意向表明書を提出し、受理された。
ミャンマーの生命保険市場は、2013年に民間保険会社の営業が開始されたばかりの黎明期にあるが、日本生命社はこれまでもミャンマー金融当局や保険会社との交流・情報交換を図る等、同国生命保険市場の発展に寄与してきた。また、2018年に同国ヤンゴン市に駐在員事務所を設立した。
今後、GGIHとの出資契約の最終合意に向けた協議、ミャンマー金融当局への認可申請等を進め、事業開始に向けた必要な手続を行う予定。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「2019年度決算(案)」を発表

生保

日本生命、「新型コロナウイルス感染症」対策に関する医療機関等への支援

生保

日本生命、新型コロナウイルス感染症に関する契約貸付(新規貸付)の利息免除

生保

第一生命ホールディングス、海外生命保険子会社等を統括する中間持株会社を設立

生保損保生損

東京海上日動、日本生命など11社、「+メッセージ」を活用した共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」を構築

生保

日本生命、連休期間中の休業のお知らせをHPに掲載

生保

日本生命、「新型コロナウイルス感染症」に罹患したお客様の災害死亡保険金等の特別取り扱いを実施

生保

日本生命、「新型コロナウイルス感染症」の拡大に伴う対応について公表

生保

日本生命、国際金融公社発行ソーシャルボンドへ131億円投資~新型コロナウイルス感染症対策支援~

生保

日本生命、新型コロナウイルス感染症に罹患したお客さまへの保険金・給付金の支払いについての発表

関連商品