シンニチ保険WEB

第一生命ホールディングス、日比谷本社電力をすべて再生可能エネルギーに切替え

第一生命ホールディングスは、4月1日(月)から、第一生命ホールディングス・第一生命が入居する日比谷本社(東京都千代田区)のすべての電力を、CO2を排出しない水力電源を用いた電力メニュー(東京電力エナジーパートナー「アクアプレミアム(※銀行・保険業界で同社が初めて導入)」)に切り替えた。
本取組みにより、年間約3,600トンのCO2排出量を削減することになる。
これは、杉の木約25万本が1年間に吸収するCO2に相当する。
*杉の木は年間14kg/本のCO2を吸収(出典:環境省/林野庁)
第一生命グループは、2018-2020年度の中期経営計画「CONNECT 2020」において、クリーンエネルギーの活用、気候変動といった環境問題への対応を、成長実現の基盤として継続的に強化すべき領域と位置付けている。
同社グループはこれまでも地球温暖化防止に向け、事業活動に伴うエネルギー使用量の削減、紙使用量の削減等に取り組んできた。また、2018年9月には「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言への賛同を決定し、気候変動が同社グループの事業に与えるリスクと機会について分析を深め、更なる情報開示に向け準備も進めている。今回の再生可能エネルギーの追加導入に加え、今後も、グループ一丸となって環境保護・保全と環境負荷低減に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱い(長野県)を発表

生保

第一生命ホールディングス、ベトナム・ハノイにおける駐在員事務所を設立

生保

富国生命、企業(団体)向けサービス「ホームヘルパー協定」を紹介開始

損保

アクサ損保、入院中の子どもたちに“オリジナル絵本”を寄贈

損保

MS&ADホールディングス、気候変動リスク分析ベンチャーJupiterIntelligenceとのTCFD向け気候変動影響定量評価サービスを開始

生保

第一フロンティア生命、「ライフシミュレーションゲームFrontierWorld」を全国展開

生保

第一生命、第一フロンティア生命、世界初となる廃プラスチック削減債に投資

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

生保協会・団体

生保文化センター、2020年度研究助成成果論文表彰制度における受賞者を決定

協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いについて(福岡県)

関連商品