新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

富国生命、小児科オンラインと提携

富国生命は、株式会社Kids Publicと提携し、同社が運営する「小児科オンライン」及び「産婦人科オンライン」を、2019年4月1日よりフコク赤ちゃんクラブ※会員向けの育児支援サービスとして提供する。妊娠から子育てという心身の不安が大きい時期に、スマホから無料で小児科医・産婦人科医・助産師に気軽に相談できる環境を作り、安心して出産を迎え、育児ができるよう支援を行う。
※フコク赤ちゃんクラブとは
フコク赤ちゃんクラブは「出産や育児に対する不安を少しでもやわらげてもらいたい」「お子さまには大きな夢をもって健やかにすくすく育ってもらいたい」という思いで1996年に誕生した。保険加入の有無に関係なく、0~6歳のお子さまがいる世帯を対象に、子育て情報の発信やお子さま向けイベントの開催などを行っている。2019年2月末現在の会員数は、約25万5千人である。
●スマホで相談「小児科オンライン」「産婦人科オンライン」
小児科オンライン(https://syounika.jp)・産婦人科オンライン(https://obstetrics.jp)は、平日の18時~22時の間、10分間の予約制で小児科医・産婦人科医・助産師に相談できるサービスである。
●子育て世帯の不安と孤立を防ぎたい
昨今、日本での「産後うつ」の実態が少しずつわかってきており、産後うつは出産した女性の7~10人に1人の割合で発生している。また2018年9月の国立医療機関による報告では、妊産婦の死亡原因のうち自殺が第一位だった。これまでの想定を上回る数の女性が、出産から育児の時期に大きな悩みや負担を抱えている状況が窺える。
妊娠期から産後にかけて「気軽に話ができる相談者がいる」という安心感を切れ目なく届けることで、小さな不安や孤独感の解消を図り、産後うつの予防を狙う。
詳細はURLを参照≪https://www.fukoku-life.co.jp/about/news/download/20190401.pdf≫

関連記事(保険業界ニュース)

生保

富国生命、4月1日付機構改正

生保

日本生協連、「令和6年(2024年)能登半島地震」の被害に対する支援、仮設住宅約7500戸へコープ商品寄贈

生保

明治安田生命、「シャレン!で献血」献血協力者数が1万人を突破

生保

富国生命、機構の改正を実施

生損共済

JA共済連、未就学児・小学校低学年向け『つうがくろあんぜんMAP』を作成

生保

富国生命、2023・2024・2025年度日本経済の見通しを改訂

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

関連商品