シンニチ保険WEB

日本生命、お客様本位の業務運営に関する2018年度取組結果を公表

日本生命は、お客様本位の業務運営の更なる推進を図るべく、2018年度のお客様本位の業務運営に関する取組結果をまとめ、「お客様本位の業務運営に係る取組内容」(以下「同取組内容」)を改定する。
同社は、2017年3月に「お客様本位の業務運営に係る方針」および同取組内容を定めて以降、お客様本位の業務運営をより一層推進する観点から、継続的な取組の強化・充実を行っており、その結果を公表してきた。
般の改定においては、
・お客様の様々なニーズに応えるための商品・サービスラインナップの充実
・金融機関代理店における、実質的な利回りやリスク等をまとめた募集補助資料の提供等、お客様への情報提供の更なる充実
・募集代理店における、「お客様本位の業務運営」や「お客様へのサービス向上」の状況、また、それを安定的に実現するための経営体制・募集状況等をより一層重視するという考えに基づいた代理店手数料体系の見直し等
お客様との重要な接点における取組の充実をはかっている。
こうした、あらゆる領域における一つひとつのお客様本位の取組の積み重ねは、本社が経営ビジョンにも掲げる、お客様に誠実に向き合う姿勢そのものであり、今後も、全社一丸となって、お客様本位の業務運営の更なる推進に努めていく。
≪お客様本位の業務運営に関する2018年度取組結果≫
・https://www.nissay.co.jp/news/2018/pdf/20190314.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

マニュライフ生命、マニュライフ・ファイナンシャル・アドバイザーズの金融商品仲介業の認可取得

生保

日本生命、ミャンマーにおける生命保険合弁会社設立の意向表明書が受理

損保

損保協会、NAIC再保険モデル法修正改正案への意見を提出

生保

日本生命、「母の日」等に関する意識実態確認を実施

損保

SOMPOホールディングス、「30% Club Japan」に参画

生損その他

日本生命、東京海上日動火災、「+メッセージ」を活用した金融機関を横断する共通手続きプラットフォームの検討開始

生保

日本生命、円建劣後ローンによる調達を実施

生保協会・団体

生保協会、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言に賛同

生保

住友生命、国連責任投資原則(PRI)に署名

生損

住友生命、三井住友海上、「みなとみらい21 中央地区58街区」が本格始動し「横濱ゲートタワー」が着工

関連商品