新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、山形県との「包括的連携協定」を締結

日本生命と山形県は、以下のとおり包括的連携協定を締結する。
1.協定の概要
(1)名称
「山形県と日本生命保険相互会社との包括連携に関する協定」
(2)目的
山形県と同社は、幅広い分野で連携し、県民が健康で豊かに暮らせる環境づくりと、山形県の活性化および県民サービスの向上に取組む。
(3)協定項目
①健康増進に関すること
・日本生命病院の知見を通じ、県立病院における嚥下食や減塩・低カロリーメニューの開発に協力する。
・県民の生活習慣病予防のため、糖尿病予防プログラムを実施する。
②結婚・子育て支援に関すること
・山形支社の研修や行事の中で、結婚・子育て支援に関する取組みを紹介する。
③地域・暮らしの安全・安心に関すること
・同社職員が、特殊詐欺や犯罪防止のビラを配布し、情報発信に協力する。
・中高生を対象に、ライフデザイン、家計管理等をテーマにした「出前授業」を実施する。
④中小企業の振興に関すること
・同社取引先企業と山形県の中小企業とのビジネスマッチングに協力する。
・中小企業向けの事業承継等のセミナーを開催する。
⑤観光振興・山形県産品の販路拡大に関すること
・同社社内で県産品フェア等を開催し、県産品の販路拡大に取組む。
・「ライフプラザ丸の内」に、山形県の観光パンフレットを配架する。
⑥県政広報に関すること
・同社職員が、消費生活・交通安全等の地域性のある情報のビラを配布し、情報発信に協力する。
⑦その他、「やまがた創生」の推進に関すること
2.協定締結日等
(1)日時:2019年2月27日(水)14:40~15:00
(2)場所:山形県庁501会議室
(3)出席者;山形県知事吉村美栄子、日本生命保険相互会社代表取締役副社長執行役員小林一生他
3.今後の主な連携事業
同社は、中期経営計画「全・進(ぜんしん)-next stage-」で、「人生100年時代をリードする日本生命グループに成る」をスローガンに掲げ、「子育て支援」「ヘルスケア」「高齢社会対応」を中心に、生命保険事業の枠を超えた「保険+α」の価値の提供に取組んでいく。
その具体策の一つとして、「人生100年時代」を生きる一人ひとりが「安心して・自分らしく」過ごすことができる社会づくりをサポートするため、『GranAge(グランエイジ)プロジェクト』を展開し、お客様の健康や地域社会への貢献活動を行っている。
今般の包括的連携協定の締結を契機に、健康増進、子ども・青少年の育成支援、地域産業の振興等幅広い分野で県と協力し、山形県の地域活性化および県民サービスの一層の向上に取組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、PHRを活用した「みなし健診」サービスの提供開始、日本航空健康保険組合が参画決定

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生保

日本生命、「ニッセイアセットおよびニッセイ・キャピタルが国内ベンチャーキャピタルとスタートアップ企業に投資する新設ファンド」に350億円を投資

生保

日本生命、連結業績予想を上方修正

損保

損保ジャパン、土浦市と『地方創生に関する包括連携協定』締結

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

日本生命、第5回「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」投資家部門で金賞(環境大臣賞)受賞

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

生保

日本生命、日本政府が発行するクライメート・トランジション利付国債へ投資

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

関連商品