新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

PGF生命、「日本シッティングバレーボール選手権大会」に協賛

PGF生命は、12月8日、9日の2日間に渡って開催された「第22回日本シッティングバレーボール選手権大会」に協賛した。「日本シッティングバレーボール選手権大会」は、2020年東京パラリンピックの正式種目でもあるシッティングバレーボールのクラブチーム日本一を決定する、国内最高峰の大会である。今大会には企業チームをはじめ、男女合わせて計26チームが参加し、各部門で優勝を争った。
PGF生命は、2017年に今大会の主催者である一般社団法人日本パラバレーボール協会とスポンサー契約を締結し、創業以来の基本理念である「人間愛、家族愛」に基づき、社会貢献活動を推進するとともに、社員のボランティア活動を積極的に推進している。今大会には、社員が大会運営ボランティアとして参加したほか、社員の有志でチームを結成し、試合にも出場した。
このほかに、東京、名古屋、大阪、福岡の小・中・高等学校で行われている「シッティングバレーボール出張授業」にも協賛し、社員がボランティアとして運営に参加している。
この出張授業は、今後も4都市を中心に行われ、シッティングバレーの日本代表選手が授業を行う予定である。
PGF生命は、引き続き、性別・年齢・障がいの有無を超えて一緒に楽しむことができるスポーツ、シッティングバレーボールへの支援を通じて、「人間愛、家族愛」の実践と心豊かな社会の実現を目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

生保

マニュライフ生命、第18回エコノミクス甲子園全国大会長崎大会代表の長崎県立佐世保北高等学校が初優勝

生保

太陽生命が協賛するジュニアアイスホッケースキルアップスクール(アイスホッケー教室)3月2日に京都府宇治市で開催

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

損保

三井住友海上、女子陸上競技部の樺沢和佳奈選手が「全日本実業団ハーフマラソン大会」で優勝

生保

アクサ・ホールディングス・ジャパン「第21回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権」FINALラウンド、子どもたちを対象とした「町田ブラインドサッカー体験会Presented byアクサ」を同時開催

生保

明治安田生命、JLPGAステップ・アップ・ツアー「明治安田ステップ・ランキング」を新設

生保

朝日生命、令和5年度「東京都スポーツ推進企業」および「スポーツエールカンパニー2024」に認定

生保

T&Dフィナンシャル生命、「スポーツエールカンパニー」「東京都スポーツ推進企業」にそれぞれ6年連続で認定

関連商品