シンニチ保険WEB

かんぽ生命、新規業務の認可を申請

かんぽ生命は、10月16日、郵政民営化法(平成17年法律第97号)第138条第1項の規定に基づき、金融庁長官及び総務大臣に対し、新たな保険の引受けを内容とする新規業務について、認可申請を行った。
○認可申請の概要
・引受基準を緩和し、保障内容を変更した普通終身保険の引受け
・引受基準を緩和し、保障内容を変更した特別終身保険の引受け
・引受基準を緩和し、保障内容を変更した普通養老保険の引受け
・引受基準を緩和し、保障内容等を変更した総合医療特約の引受け
・先進医療特約の引受け
同社は、新規業務は利用者利便の向上及び同社の収益の確保による経営の安定化の観点から必要であると考えており、関係者の御理解と、早期の認可を希望している。
上記の新たな保険の引受けについては、認可取得を前提として、2019年4月以降の開始を予定している。
【認可申請の概要詳細:https://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/archives/pdf/20181016pr.pdf】

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

損保

MS&ADホールディングス、「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

生保

かんぽ生命等、業務改善計画の進捗状況を公表

損保

アニコム ホールディングス、動物医療の発展に向けて再生医療等分野で業務提携開始

生保

かんぽ生命、三井物産と不動産等のアセットマネジメント事業で資本・業務提携