新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018」鈴鹿大会が最終戦

太陽生命が、冠スポンサーとして特別協賛している「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018」(主催:公益財団法人日本ラグビーフットボール協会)が、最終戦を迎える。
今年度は秩父宮ラグビー場、あきぎんスタジアム、裾野市運動公園陸上競技場にて大会が実施された。そして、いよいよ女子セブンズラグビー最高峰の大会の優勝を決める鈴鹿大会が実施される。
1.大会概要
(1)大会名称「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018」
(2)大会日程2018年10月13日(土)、14日(日)
(3)大会会場三重交通Gスポーツの杜鈴鹿サッカー・ラグビー場
(4)主催公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
(5)主管関東ラグビーフットボール協会、関西ラグビーフットボール協会、
三重県ラグビーフットボール協会(鈴鹿大会)
(6)参加チーム12チーム(予定)
(日本ラグビーフットボール協会HP:https://www.rugby-japan.jp)
2.大会開催趣旨
同大会は、以下を目的として開催される。
(1)ラグビー女子プレイヤーのレベル向上とプレー機会の創出。
(2)ラグビー女子日本代表候補プレイヤーの発掘。
(3)女子セブンズラグビーの認知度拡大と普及。
3.協賛趣旨
太陽生命では、青少年の健全な育成を願い、2011年より、全国中学生ラグビーフットボール大会へ特別協賛している。
また、『頑張る女性を応援する企業』として2013年1月よりラグビー女子日本代表(15人制・7人制)のオフィシャルスポンサーとなり、同年4月からは全国高等学校選抜女子セブンズラグビーフットボール大会への協賛をしている。この大会についても開催趣旨に賛同し、2014年より冠スポンサーとして特別協賛している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、女子プロゴルファー・菅沼菜々選手が100万円を日本パラスポーツ協会へ寄付

生保

マニュライフ生命、第18回エコノミクス甲子園全国大会長崎大会代表の長崎県立佐世保北高等学校が初優勝

生保

太陽生命が協賛するジュニアアイスホッケースキルアップスクール(アイスホッケー教室)3月2日に京都府宇治市で開催

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所が実施する「音声データを活用した要介護リスクの早期発見AIの開発」が、厚労省実施の「中小企業イノベーション創出推進事業」に採択

生保

太陽生命とT&Dフィナンシャル生命、日本国が発行する「クライメート・トランジション利付国債(GX経済移行債)」へ投資

損保

三井住友海上、女子陸上競技部の樺沢和佳奈選手が「全日本実業団ハーフマラソン大会」で優勝

生保

アクサ・ホールディングス・ジャパン「第21回アクサブレイブカップブラインドサッカー日本選手権」FINALラウンド、子どもたちを対象とした「町田ブラインドサッカー体験会Presented byアクサ」を同時開催

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dアセットマネジメント、生物多様性に関するイニシアティブ「Spring」への参画

関連商品