新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アクサ生命、自分らしく人生を進み続ける女性のための特設サイトをオープン

アクサ生命は、女性を健康面から応援するための特設サイト「AnataxAshita(あなたとあした)」を開設した。
女性は一人の社会人でありながら時に母、妻、娘として社会や家庭で様々な役割を担っている。とかく「自分の体や健康のことはつい後回しにしがち」で、「自分自身の病気など予想外の壁に遭遇したときに前に進めないことがある」といった声が聞かれ、女性の活躍が叫ばれる社会的なムーブメントが高まる中で、大きなジレンマとなっている。
この特設サイトは乳ガンや子宮筋腫など女性特有の病気を経験者の体験談をはじめ、乳ガン治療の現状、さらに女性向けメディアによるニーズ別の医療保険の選び方のヒントなどさまざまなコンテンツで女性特有の病気に関する情報収集や保険選びをサポートする。
なお、女性特有の病気の中でも日本女性の罹患率が増加の一途をたどっている「乳ガン」については、乳ガン経験者である桜井なおみ氏(キャンサー・ソリューションズ株式会社 代表取締役社長)のコラムを掲載し、乳ガン治療の進化とともに温存療法や腫瘍を取り除く方法だけでなく、「乳房再建」という選択肢が増えてきたこと、乳房再建手術を受けるメリットやデメリット、術式、日本の乳ガン検診率の低さと乳ガンを取り巻く日本の社会的背景などについて、詳しく解説し、女性のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)に関する情報を提供する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

アクサ生命、埼玉県教育委員会およびエフエムナックファイブと確かな学力の育成・自立する力の育成に関する連携協力協定を締結

生保

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

関連商品