新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アフラック生命、がん経験者支援プラットフォームにおける業務提携

アフラック生命は、「がん経験者支援プラットフォーム」の機能を拡充するため、アートネイチャー、サンスター、ネスレ日本(ネスレ ヘルスサイエンス カンパニー)との業務提携を発表した。
同社は、がん経験者を取り巻く社会的課題を解決すべく4月に「がん経験者支援プラットフォーム※1」を発足させ、以来、具体的なサービス提供を模索するとともに、各種専門性を持った企業や医療機関などからの参画を募ってきた。
今般の業務提携は、本プラットフォームの趣旨に賛同した各社の知見をがん経験者に提供することで、がん経験者が抱える「身体」「こころ」「お金」「仕事」に関するさまざまな不安や悩みなどを解決していくことを目的としている。
具体的なサービス提供の第一弾として、9月からがん経験者の人々が多種多様な情報を交換することができるSNS「tomosnote(トモスノート)※2)」を開始し、提携各社は同サイト上で情報を提供する予定である。
※1 各社による情報提供の開始は、11月下旬を予定
※2 tomosnoteについては、プロモーションムービーを公開(https://youtu.be/6dMdm0aROBI)

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、今年も「バレンタイン・チャリティ募金」を実施、32年間の累計総額5,000万円に

損保

三井住友海上、ドラレコ・ロードマネージャーが「第6回日本オープンイノベーション大賞 国土交通大臣賞」を受賞

損保

あいおいニッセイ同和損保、令和6年能登半島地震における被災地の道路復旧をサポートする「路面状況把握システム(災害復旧支援プラン)」を無償提供

生損

損保ジャパン、第一生命、みずほフィナンシャルグループ、明治安田生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈~第60回で「黄色い「ピカチュウ」ワッペン」

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

T&Dフィナンシャル生命の土屋祐輝選手が「第20回冬季デフリンピック競技大会」男子フットサル競技の日本代表選手団に選出

生保

太陽生命、ジュニアアイスホッケースキルアップスクールに協賛

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

アフラック生命、「ゴールドリボンウオーキング2024」に特別協賛

生保

オリックス生命、「令和6年能登半島地震」により被災者へ義援金を寄付

関連商品