シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、2018年第1四半期業績発表

三井住友海上あいおい生命は、2018年度第1四半期(2018年4月1日~2018年6月30日)の業績を発表した。
【契約高】
個人保険・個人年金保険の新契約は、昨年4月に発売した「&LIFE新総合収入保障」「&LIFE新収入保障」の好調な販売を主因に前年同期比45.2%増加し、9,146億円と大幅に伸展した。また、保有契約も前年度末比1.3%増加し24兆1,145億円となった。
<参考>個人保険・個人年金保険に団体保険を加えた保有契約は32兆2,192億円となった。
【年換算保険料】
個人保険・個人年金保険の新契約は94億円(前年同期比11.3%増)となり、保有契約は前年度末比0.3%増加し、4,137億円となった。なお、第三分野の新契約年換算保険料は、本年4月に発売した「&LIFE新医療保険Aエースプレミア」の好調な販売が寄与し、前年同期比32.7%増加し、40億円となった。
【損益の状況】
当期の基礎利益は、責任準備金負担の減少等により前年同期比10億円増益の48億円となった。純利益は、前年同期比3億円減益の21億円となった。
【ソルベンシー・マージン比率】
経営の健全性を示す指標であるソルベンシー・マージン比率は1,720.4%となり、引き続き高水準の支払余力を確保している。
【同社の格付け】(2018年8月8日現在)
A+:スタンダード&プアーズ(S&P)保険財務力格付け
AA:格付投資情報センター(R&I)保険金支払能力格付け

関連記事(保険業界ニュース)

生保

三井住友海上あいおい生命、LINE公式アカウントを開設

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

損保

アニコム ホールディングス、動物医療の発展に向けて再生医療等分野で業務提携開始

生保

アフラック生命、福井大学、福井県若狭町、ゼネラとの協業「わかさ健活プロジェクト」を推進

生保

三井住友海上あいおい生命、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況を公開

生保

三井住友海上あいおい生命、2021年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューの開示

生保

三井住友海上あいおい生命、2021年度決算を発表

生保

大同生命、「婦人科・小児科オンライン相談窓口」を設置

生保

メディケア生命、女性特有の病気の患者5,231名の声

生保

三井住友海上あいおい生命、入院給付金における「みなし陽性」「自主療養」への対応を発表