シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、2018年第1四半期業績発表

三井住友海上あいおい生命は、2018年度第1四半期(2018年4月1日~2018年6月30日)の業績を発表した。
【契約高】
個人保険・個人年金保険の新契約は、昨年4月に発売した「&LIFE新総合収入保障」「&LIFE新収入保障」の好調な販売を主因に前年同期比45.2%増加し、9,146億円と大幅に伸展した。また、保有契約も前年度末比1.3%増加し24兆1,145億円となった。
<参考>個人保険・個人年金保険に団体保険を加えた保有契約は32兆2,192億円となった。
【年換算保険料】
個人保険・個人年金保険の新契約は94億円(前年同期比11.3%増)となり、保有契約は前年度末比0.3%増加し、4,137億円となった。なお、第三分野の新契約年換算保険料は、本年4月に発売した「&LIFE新医療保険Aエースプレミア」の好調な販売が寄与し、前年同期比32.7%増加し、40億円となった。
【損益の状況】
当期の基礎利益は、責任準備金負担の減少等により前年同期比10億円増益の48億円となった。純利益は、前年同期比3億円減益の21億円となった。
【ソルベンシー・マージン比率】
経営の健全性を示す指標であるソルベンシー・マージン比率は1,720.4%となり、引き続き高水準の支払余力を確保している。
【同社の格付け】(2018年8月8日現在)
A+:スタンダード&プアーズ(S&P)保険財務力格付け
AA:格付投資情報センター(R&I)保険金支払能力格付け

関連記事(保険業界ニュース)

生保

三井住友海上あいおい生命、「新型コロナウイルス感染症」の影響に伴う特別金利を適用した契約者貸付の受付期間を延長

生保

三井住友海上あいおい生命、2019年度決算を発表

生保

三井住友海上あいおい生命、2019年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューの開示

生保

三井住友海上あいおい生命、団体保険における新型コロナウイルス感染症に関する災害保険金等の支払いについてを発表

生保

三井住友海上あいおい生命、「新型コロナウイルス感染症」に罹患されたお客さまの災害死亡保険金等の支払いについて発表

生保

三井住友海上あいおい生命、新型コロナウイルス感染症拡大を受けた医療・健康相談サービス「満点生活応援団」のWeb相談を提供

生保

三井住友海上あいおい生命、「&LIFE新総合収入保障ワイド」「&LIFEガン保険スマート」が「日経トレンディ」で「TRENDY認定大賞」を獲得

生保

明治安田生命、「先進医療給付金の医療機関あて直接支払サービス」対応医療機関の拡大

生保

大同生命、「HALFITサービス」の提供開始

生保

三井住友海上あいおい生命、「新型コロナウイルス感染症」の拡大に伴う各種取扱いを発表

関連商品