シンニチ保険WEB

住友生命、「平成30年7月豪雨」の被害に対する義援金の寄贈を発表

住友生命グループの次の6社では、このたびの豪雨の被害に対する義援金として、3,000万円を寄贈する。被災地側の受け入れ態勢が整い次第、実施していく予定である。
また、被災者への支援を目的に、タオル等の救援物資を届けるほか、住友生命労働組合と会社が協力して全国の役職員に自主的な募金を呼びかけ、見舞金を寄贈する予定である。
【※住友生命グループの6社】
●会社名:代表者
・住友生命保険相互会社:代表執行役社長橋本雅博
・メディケア生命保険株式会社:代表取締役社長石原拓己
・スミセイ情報システム株式会社:代表取締役社長下村弘之
・いずみライフデザイナーズ株式会社:代表取締役社長藤倉聡
・株式会社保険デザイン:代表取締役社長杉谷明夫
・Symetra Financial Corporation:Margaret A.Meister Presidentand CEO

関連記事(保険業界ニュース)

協会・団体

損保協会、2020年度自賠責運用益拠出事業19億円を決定

協会・団体

SOMPO環境財団、インドネシア版CSOラーニング制度第2期キックオフセレモニーを開催

損保

アニコム損保、三重県と動物愛護の推進に向けた協定を締結

生保

メディケア生命、2019年度第3四半期の業績を発表

生保

住友生命、2019年度第3四半期の業績を発表

生保

プルデンシャル財団、「キッズドア」への支援を決定

損保

損保協会九州支部、時代の変化に果敢にチャレンジする損保業界の取組みを紹介

生保

住友生命、「バイタリティ(生命力・元気・活力)」アンケート調査結果を発表

生保

住友生命、山形県と包括連携協定を締結

協会・団体

損保協会、IAIS気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)提言実施に係る文書案に意見を提出

関連商品