シンニチ保険WEB

大同生命、劇団四季「こころの劇場」への特別協賛

大同生命は、劇団四季と舞台芸術センターが主催(後援:文部科学省)する「こころの劇場」に、2018年度より特別協賛を開始する。
同社は、これまでに「全国障害者スポーツ大会への特別協賛」や「寄付による大学でのオープン講座」など、様々な社会貢献活動を展開してきた。社会性、公共性が高い生命保険業を営む企業として、地域・社会に貢献するため、今回は日本の未来を担う子どもたちに感動を届ける当プロジェクトを応援することとした。
現在、特別協賛している劇団四季ミュージカル『アラジン』への障がい者アスリートの招待活動(2015年7月よりこれまでに累計262人を招待)とあわせ、これからも演劇を通じた社会貢献活動を推進していく。
◆「こころの劇場」
演劇を通じて子どもたちの心に「生命の大切さ」「人を思いやる心」「信じあう喜び」など、生きていくうえで最も大切なことを伝えながら、こころ豊かな社会の実現を目指す社会貢献プロジェクト。
2018年度は、北海道・利尻島から、沖縄県・石垣島/宮古島まで、で計183都市・454回公演・総計56万人の子どもたちを無料で招待する予定。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施