シンニチ保険WEB

住友生命、就労不能保険「1UP(ワンアップ)」100万件を突破

住友生命では、2015年9月に発売した就労不能保険「1UP(ワンアップ)」の累計販売件数が100万件を突破した。
「1UP」は、大手生保では初となる「就労不能保障」という新たなマーケットを開拓した商品である。単身・共働き世帯の増加等に伴い多様化する保障ニーズを踏まえ、従来一体で提供していた「働けなくなったとき」、「死亡したとき」の各保障額をそれぞれ自在に設定できるようにすることで従来以上にきめ細かなコンサルティングを可能としたほか、近年増加している「精神障害」への備えにも対応するなど、働けなくなった時に備えて幅広いカバーを可能にしている。「1UP」という名称には、「自身のリスクに対し、“一歩先んじる・先手を打つ”ことが出来る」という想いを込めている。こうしたコンセプトに対して特に若年層からの支持が高く、加入者の6割超が30代以下のお客さまとなっている。
同社は、7月には健康増進型保険住友生命「Vitality」の発売を予定しており、再び新たなマーケットへ挑戦していく。今後とも先進的な商品開発に取り組みつつ、同社ならではのコンサルティング&サービスの価値をお客さまに提供していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、いわきFCのファンクラブ会員向けに「セルソースPFC-FD保険」を提供開始

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

生保

住友生命、株式会社ファミワンとの事業共創を本格化

生保

住友生命、「Vitality」新CM第6弾 バナナマン出演「行動経済学的考察A篇」放映を開始

生保

住友生命、プロサッカークラブ・いわきFCが「セルソースPFC-FD保険」を導入

生保

住友生命、横浜F・マリノスが「セルソースPFC-FD保険」を導入

生保

住友生命、世界銀行(国際復興開発銀行)が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドに投資

生保

住友生命、アイアル少短、業界初の「熱中症お見舞い金保険」を開発

生保

住友生命、日本ハンドボールリーグ加盟・オムロンハンドボール部が「セルソースPFC-FD保険」を導入

生保

住友生命、山形県山形市においてVitalityを活用した事業を開始