新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

住友生命、国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

住友生命は、国際協力機構(JICA)が発行する「ソーシャルボンド」への投資を決定した。
「ソーシャルボンド」とは、社会課題の解決に資する事業を資金使途とする債券で、国際資本市場協会(International Capital Market Association:ICMA)が定義する「ソーシャルボンド」の特性に従った債券である。本債券の調達資金は、主に開発途上地域におけるインフラ整備など経済・社会発展への取組みを支援する有償資金協力事業に活用される。
同社は、経営方針のひとつとして「CSR経営方針」を策定し、国連が提唱した持続可能な開発目標「SDGs」も踏まえつつ、CSR経営を推進している。
その一環として、資産運用においては、環境・社会・ガバナンスといった社会的課題の視点を取り入れた「ESG投資」を行っており、本債券への投資もこうした枠組みに貢献するものと考えている。
<本債券の概要>
発行体:独立行政法人 国際協力機構(R&I 格付け:AA+、S&P 格付け:A+)
発行額:総額100億円
年限:20年

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、全国健康保険協会石川支部との「かがやき健康企業宣言」事業にかかる覚書締結

生保

住友生命、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の「運営管理機関手数料無料コース」発売

生保

住友生命、令和6年のグローバル・マネー・ウィーク(Global Money Week)へ参加

生保

住友生命、スミセイ「わが家の防災」アンケート2024を実施

生保

住友生命、山梨県と包括連携協定を締結

生保

住友生命、神奈川県秦野市においてVitalityを活用した連携事業を開始

生保

住友生命、GX経済移行債「クライメート・トランジション利付国債」へ投資

生保

住友生命、国際イニシアティブ「Spring」および「NA100」に加盟

生損その他協会・団体

日本企業80社が自然関連財務情報開示に取り組む“TNFD Early Adopter”として登録

生保

住友生命、神奈川県南足柄市においてVitalityを活用した連携事業を開始

関連商品