シンニチ保険WEB

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、「お客さま本位の業務運営方針」を改定

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、2017年6月に制定した「お客さま本位の業務運営方針」(以下、本方針)を改定した。
同社は生命保険のその先、お客さまに一生涯寄り添う「健康応援企業」への変革を目指し、保険本来の機能(Insurance)に、健康を応援する機能(Healthcare)を組み合わせた従来にない新たな価値「Insurhealth(インシュアヘルス)」をお客さまに提供している。この「健康応援企業」の実現のため、本方針を定着させるべく、各取組みに対してPDCAサイクルを回し、継続的に改善・進化に努めている。
■「お客さま本位の業務運営方針」の構成
方針1.お客さまの最善の利益の追求
方針2.お客さまへの分かりやすい情報提供
方針3.お客さまにふさわしい商品、サービスの提供
方針4.利益相反取引の適切な管理
方針5.方針の定着に向けた取組みなお、各方針にはそれぞれ「主な取組み」、「成果指標」を記載、設定している。
この度、各取組みの進捗状況および成果指標の達成状況等に基づいて見直した今年度の取組みを踏まえ、以下のとおり本方針を改定した。
■本方針の主な改定事項
【方針1】
●取組みのポイント:お客さまの声を起点とした業務改善PDCAサイクルの構築。
●改定の概要・目的:お客さまからの意見・要望等の「お客さまの声」を真摯に受け止め、事業活動の品質向上に活かしていくことを明記し、「お客さまの声」を起点とした業務改善のPDCAサイクルの確立・定着に取り組むことを具体的に記載した。
●取組みのポイント:安定した保険金支払管理態勢の構築。
●改定の概要・目的:保険金支払管理態勢の改善・進化について、より具体的に記載した。
【方針3】
●取組みのポイント:「保険」と「健康」を統合した新たな価値の提供。
●改定の概要・目的:保険本来の機能に、健康を応援する機能を組み合わせた従来にない新たな価値「Insurhealth(インシュアヘルス)」をお客さまに最適なタイミングで提供していくことを具体的に記載した。
【方針5】
●取組みのポイント:代理店制度の構築、改善。
●改定の概要・目的:手数料・報酬のコンセプトを記載し、適切な代理店制度構築、改善の意義を明確にした。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

クレディ・アグリコル生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく成果指標(KPI)を更新

生保

朝日生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく取組結果等を公表

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

損保

MS&ADホールディングス、「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

生保

メットライフ生命、UN Women(国連女性機関)が主導するアンステレオタイプアライアンスの日本支部に加盟

生保

第一生命、お客さま体験価値(CX)向上に向けた「コンサルティング・商品」の一体改革