シンニチ保険WEB

三井生命、お客さま本位の業務運営に関する取組内容の改訂を発表

三井生命は、2017年度のお客さま本位の業務運営に関する取組結果をまとめ、合わせて「お客さま本位の業務運営に関する取組内容」(以下「同取組内容」)を改訂する。
同社では、2017年5月に「お客さま本位の業務運営に関する方針」(以下「同方針」)および同取組内容を定めた。2018年1月には、同方針の定着を測る指標(KPI)として、お客さまにとってわかりやすい概念である「お客さま満足度」を設定している。
また同社は、2018年4月に策定した中期経営計画においても、お客さま本位の業務運営を全ての業務運営の前提とし、持続的な「お客さま満足度」の向上を図ることとしている。
今後も、同方針の定着度合を測りつつ、業務運営の状況について定期的に検証・見直しを行い、全業務分野において、お客さま本位の業務運営の更なる推進に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、改正民法(2020年4月1日施行)に関する契約及び約款の内容への影響を発表

生保

三井生命、最高ランク『三つ星』評価5年連続で獲得

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、新企業スローガン「あなたが健康だと、だれかがうれしい。」をリリース

生保

三井生命、『31文字(みそひともじ)コンクール』の入賞作品を決定

損保

セゾン自動車火災、「お客さま本位の業務運営方針」取組み状況(半期報告)の公表

生保

住友生命、世界各国のVitalityパートナーと共に「2025年までに世界の1億人の活動量を現在より20%アップさせる」ことを宣誓

損保

MS&ADホールディングス、「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進レポート」を発行

生保

明治安田生命、明治安田システム・テクノロジーのMBS事業部門を分社化

生保

住友生命、住友生命上野ビルの建替計画を発表

生保

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、保険金・給付金支払業務における考え方を示した「ひまわりクレド」策定

関連商品