シンニチ保険WEB

三井生命、お客さま本位の業務運営に関する取組内容の改訂を発表

三井生命は、2017年度のお客さま本位の業務運営に関する取組結果をまとめ、合わせて「お客さま本位の業務運営に関する取組内容」(以下「同取組内容」)を改訂する。
同社では、2017年5月に「お客さま本位の業務運営に関する方針」(以下「同方針」)および同取組内容を定めた。2018年1月には、同方針の定着を測る指標(KPI)として、お客さまにとってわかりやすい概念である「お客さま満足度」を設定している。
また同社は、2018年4月に策定した中期経営計画においても、お客さま本位の業務運営を全ての業務運営の前提とし、持続的な「お客さま満足度」の向上を図ることとしている。
今後も、同方針の定着度合を測りつつ、業務運営の状況について定期的に検証・見直しを行い、全業務分野において、お客さま本位の業務運営の更なる推進に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、新規業務の認可を申請

生保

T&D保険グループ、CSRレポート2018の発行

損保

東京海上ホールディングス、「サステナビリティレポート 2018」を掲載

生保

第一生命ホールディングス、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言に賛同

生保

第一生命、国連責任投資原則(PRI) 2017年アセスメント結果を発表

損保

アイペット損保、「お客さま本位の業務運営方針」の取組状況の公表および改定を実施

損保

ジェイアイ傷害火災、お客様本位の業務運営に関する基本方針にもとづく取組状況と指標の公表

生保

日本生命、スチュワードシップ活動報告書(2018年)を公表

生保

三井生命、「平成30年北海道胆振東部地震」被災者への特別取扱いを実施

生保

日本生命、「健康経営の目指す姿」を策定

関連商品