新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、2017年度決算を発表

三井住友海上あいおい生命の、2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日)の決算を発表した。
《契約高》
個人保険・個人年金保険の新契約は、昨年4月に発売した「&LIFE新総合収入保障[新収入保障保険(払込期間中無解約返戻金型)無配当]」の好調な販売が寄与し、2兆6,395億円(前年度比11.0%増)となり、保有契約は前年度末比2.6%増の23兆8,068億円となった。
<参考>個人保険・個人年金保険に団体保険を加えた保有契約は31兆6,666億円となった。
《年換算保険》
個人保険・個人年金保険の新契約は、商品ポートフォリオが収入保障商品にシフトした影響もあり、388億円(前年度比25.0%減)となったが、保有契約は前年度末比2.8%増加し、4,123億円となった。
なお、第三分野の保有契約は前年度末比9.3%増加し、967億円となった。
《損益の状況》
当期の純利益は、前年度比6億円増益の52億円となった。
《ソルベンシー・マージン比率》
経営の健全性を示す指標であるソルベンシー・マージン比率は、前年度末比166.5ポイント減少し、1,726.7%となったが、引き続き高水準の支払余力を確保している。
《同社の格付け》(2018年5月18日現在)
 A+ スタンダード&プアーズ(S&P)保険財務力格付け
 AA 格付投資情報センター(R&Ⅰ) 保険金支払能力格付け

関連記事(保険業界ニュース)

生保

三井住友海上あいおい生命、準備金額の減少を決議

生保

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」の福利厚生導入企業数が1,000社を突破

生保

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」の福利厚生導入企業数が1,000社を突破

生保損保生損

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上あいおい生命、「令和5年度東京都スポーツ推進企業」に認定

生保

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」新たなサービスの提供を開始

生保損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上あいおい生命、LGBTQに関する「PRIDE指標」で「ゴールド」評価を2年連続で3社同時受賞

生保

三井住友海上あいおい生命、「2023年度パラクライミングジャパンシリーズ第1戦」で會田祥選手が優勝

生保

三井住友海上あいおい生命、社会課題解決に向けてデータ基盤を構築

生保

三井住友海上あいおい生命、中小企業、個人事業主に「安否シェアシステム アンピラー」を提供

生保

三井住友海上あいおい生命、ヘルスケアサービス「MSAケア」を法人福利厚生制度として提供開始

関連商品