シンニチ保険WEB

生命保険協会、子育てと仕事の両立支援に対する助成活動の実施

生命保険協会では、社会貢献活動の一環として、「子育てと仕事の両立支援に対する助成活動」を展開している。
この活動は、国家的課題である待機児童問題の解消へ貢献することを目的に、保育所・放課後児童クラブの受け皿の拡大や質の向上の取組みに対し、総額を最大1,400万円とした資金助成を行うものである。
ついては、5月16日より助成を希望する保育所・放課後児童クラブからの応募受付を開始する。
政府の成長戦略等でも女性の活躍推進の必要性がうたわれる中、待機児童問題は女性の活躍・社会進出の妨げとなっており、官民が一体となって、保育の充実や働きながら安心して子育てできる環境の整備が求められていることから、同会では、本助成活動を通じて、子育てと仕事を両立できる環境の整備に積極的に貢献していく。
●助成対象
①休日・夜間保育事業、病児・病後児保育事業、延長保育事業、一時預かり保育事業等に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
②放課後児童クラブの受け皿拡大や質の向上に必要な設備の整備、備品の購入等に係る費用
●助成金額
①1施設当たり上限額35万円(助成金総額 最大700万円)
②1施設当たり上限額20万円(助成金総額 最大700万円)
●応募方法
所定の「助成申請書」に必要事項を記入し、正本1部・副本(コピー)1部を必須添付書類と一緒に下記「お問い合わせ先」まで郵便(簡易書留)で送付。
●募集期間
5月16日(水)~6月29日(金)<当日消印有効>
●選考結果の発表時期
2018年11月上旬(予定)
●お問い合わせ先
生命保険協会「子育てと仕事の両立支援」事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階
【電話:03-3286-2643 FAX:03-3286-2730】

関連記事(保険業界ニュース)

共済

生協連、福島の子ども保養プロジェクト「夏休み特別企画」を全国12カ所で開催

生保その他

日本郵政グループ4社、平成30年7月豪雨に対し3000万円の義援金

損保生損

東京海上ホールディングス、「平成30年7月豪雨」被害に対し義援金

損保生損

SOMPOホールディングス、「平成30年7月豪雨」による被災地への支援を発表

生保

メットライフ生命、「平成30年7月豪雨」の被害に対する義援金の寄贈を発表

生保

マニュライフ生命、「マニュライフわくわくるーむ」16ヵ所目の寄贈先候補を募集

生保損保

カーディフ生命、「平成30年7月豪雨」の被害に対する義援金の寄贈を発表

生保

ジブラルタ生命、全国へき地教育研究連盟加盟校へリユースパソコン184台を寄贈

生保

住友生命、「平成30年7月豪雨」の被害に対する義援金の寄贈を発表

生保

ソニー生命、「平成30年7月豪雨」の被災者に対する 契約者貸付・入院給付金に関する特別取扱および義援金の寄贈を発表

関連商品