新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、教育資金等に備える商品を三井生命の営業職員チャネルで販売

日本生命および三井生命は、7月2日から、日本生命のお子様の教育資金等に備える商品「ニッセイ学資保険」および「ニッセイこどもの保険 げ・ん・き」を三井生命の営業職員チャネルを通して販売する。
本件は、2017年1月の日本生命から三井生命への「ニッセイ逓増定期保険」の供給、2017年10月の三井生命から日本生命への「無配当一時払外貨建生存給付金付特殊養老保険 ドリームロード」の供給に続く商品相互供給の第3弾となる。
引続き、両社はグループ一体となって経営統合のメリットを最大限にいかし、お客様のニーズにきめ細やかに応える魅力的な商品・サービスの提供に努めていく。
日本生命と三井生命は、多様化するお客様のニーズに対して機動的に対応するため、両社間で商品相互供給を行い、商品ラインアップの拡充を推進してきた。
世帯年収に占める在学費用(お子様全員にかかる費用の合計)の割合は平均15.5%※となっており、教育費を準備するための計画的な資産形成に対するニーズは高いと考えられる。
(※出展:日本政策金融公庫 平成29年度「教育費負担の実態調査結果」)
三井生命では、こうしたお客様のニーズに応えるため、日本生命からお子様向けに特化した「ニッセイ学資保険」および「ニッセイこどもの保険 げ・ん・き」の供給を受けることで、商品ラインアップの拡充を図るとともに、併せてお客様へのサービスレベルの向上と経営統合シナジーの更なる発揮に向けて取組んでいく。
■商品の主なポイント
○「ニッセイ学資保険」大学の教育資金等を計画的に備える保険
1.特に負担の重い大学の教育資金を計画的に準備できる。
2.払い込んだ保険料より大きな教育資金を受け取ることができる。
(保険料払込期間中に解約した場合等、払込保険料額を下回る場合がある。
3.契約者が保険料払込期間中に死亡した場合、将来の保険料の払い込みは必要ない。
○「ニッセイこどもの保険 げ・ん・き」教育資金や契約者の死亡等に備える保険
1.祝金を成長の節目で受け取ることができる。
2.契約者が死亡した場合「育英年金」を保険料期間満了まで毎年受け取ることができる。
3.契約者保障保険料払込免除特約を付加できる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】個人向け傷害保険にAI身体機能分析「Care Wizトルトforme」を付帯

生保

日本生命、よい仕事おこしフェア実行委員会との地域社会の発展に寄与するための「包括的連携に関する協定」を締結

生保

アフラック生命、がん保険の累計支払金額が9兆円を突破

生保

チューリッヒ生命、低解約払戻金型終身保険「終身保険プラチナ」を発売

生保

アフラック生命、資産形成と保障のハイブリッドツミタスを発売

生保

住友生命、東京大学などと共同で新たな一般社団法人「WE AT」を設立

生保

太陽生命、SBI新生銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

生保

日本生命、ニッセイサステナプロジェクト「にっせーのせ!」スタート

損保

アクサ損保、法人向け「アクサダイレクト総合自動車保険」を販売

損保

SBI損保、仙台銀行で「介護保険」団体保険の案内開始

関連商品