新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI生命、飯能信用金庫の住宅ローン向けに団体信用生命保険の提供を開始

SBI生命保は、6月より、地域金融機関との提携第1号案件として、飯能信用金庫が提供する住宅ローンを新規でご利用のお客様に、「全疾病保障」※の団体信用生命保険の提供を開始した。
SBI生命は2017年6月より住信SBIネット銀行と「全疾病保障」※の団体信用生命保険の提携販売を開始し、お客様より大変好評を得ており、保有件数は順調に伸展している。このたび飯能信用金庫との提携を皮切りに、今後は地域金融機関との連携を一層深めていく。
【提携の背景】
飯能信用金庫は、地域に立脚した経営方針のもとに、埼玉県下の主要都市に拠点をおき、地域住民、産業育成、ひいては地域社会の貢献を旨に業務を展開している。同地域は、住宅需要度が高い地域でもあり、多様化するお客様の資金ニーズに応えていくことが重視されている。飯能信用金庫は顧客本位主義のSBI生命の幅広い保障範囲と低廉な保険料に着目し、このたびの提携に至った。
【商品内容】
SBI生命の団体信用生命保険の主な特長は次のとおりである。
①死亡リスクに備える通常保障部分に、リビングニーズ特約、重度がん保険金前払特約が付加されている。
②病気やケガのリスクに備える「全疾病保障」※の就業不能保障特約において、就業不能状態が継続した場合に、月々の返済額が就業不能状態の期間に応じて保障され、就業不能状態が一定期間継続した場合に、残債が一括で保障される。中でも、がん、急性心筋梗塞、脳卒中など8大疾病の場合はもちろんのこと、それ以外の疾病やケガについても、手厚い保障が提供される。
③この全疾病保障の加入年齢制限は 65歳までと幅広く、年齢の高いお客様にも全疾病保障の魅力が受けられる。
④ワイド団信(引受基準緩和型団信)を導入することで、持病を持っているお客様でも、一部引き受けすることができるようになる。
※精神障害は除く

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、指数連動型年金「ステップジャンプ」を発売

生保

三井住友海上プライマリー生命、指数連動型年金特約付通貨選択生存保障重視型個人年金保険『すてっぷ&すてっぷLG』を発売

生保

大同生命、より低廉な保険料で多くの経営者に保障を提供「健康エール割」を発売

生保

太陽生命、山形銀行を通じ、『長生きMy介護』の販売を開始

生保

FWD生命、オリコン顧客満足度調査などで高く評価される『FWD収入保障』のインターネット販売を開始

損保

楽天損保、業界初の猫専用プラン「スーパーペット保険ねこ」を発売

損保

大同火災、自動車保険の改定を実施

損保その他

損保ジャパン、SOMPOリスク、リスクマネジメントの観点から宇宙ビジネスの成功・成長を支援「宇宙ビジネス支援サービス」の提供開始

生保

太陽生命、企業・団体向け『無配当団体3大疾病保険』を新発売

生保

メットライフ生命、終身ガン保険「ガードネクスト」を発売

関連商品