新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、大和証券株式会社でマイねんきん(米ドル・豪ドル)の販売を開始

太陽生命は 4月2日より、大和証券株式会社において、「マイねんきん(米ドル・豪ドル)」(正式名称:無配当通貨指定型一時払個人年金保険)の販売を開始する。
この商品は、同社が過去 取扱いした際、大変好評であった年金保険「My年金Best」の仕組みを生かしたまま、取扱い通貨に外貨を採用したシンプルな定額年金保険であり、証券会社では初めての取扱いとなる。
国内の超低金利環境において、より資産運用の選択肢を増やしたいとの声に応えるとともに、契約時に将来の年金受取額や解約払戻金額などが外貨建で確定するシンプルな設計となっている。
「マイねんきん(米ドル・豪ドル) 」の主な特徴は以下のとおり。
○特徴1 契約時に指定通貨建で年金額が確定する
・指定通貨は米ドル・豪ドルから選択できる。
・円支払特約により、円貨での受け取りも可能である。
・据置期間は6年または10年から選択できる。 ※契約年齢が 81 歳~84 歳の場合、6 年となる。
○特徴2 受け取り方法は年金受取または一括受取から選択できる
・年金保障期間は、5年または10年の確定年金から選択できる。
・年金保障期間中に残り期間分を一括で受け取ることも可能である。
○特徴3 据置期間中に解約した場合、経過に応じた解約払戻金がある
・市場価格調整は行わない。(注)
・契約時に経過月数ごとの解約払戻金額が指定通貨建で確定する。
(注)市場価格調整とは、解約払戻金額が、対象となる市場金利の変動に応じて増減するしくみである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

PGF生命、常陽銀行で「円ぴた終身US」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJ銀行を通じ、『夢つながるねんきん2』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『夢ふくらむ終身』、『夢ふくらむ終身介護plus』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『指定通貨建終身保険』、『指定通貨建特別終身保険』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈円建/外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

損保

日新火災、「マンション管理適正化診断サービス」の診断件数が累計20,000件突破

生保

三井住友海上プライマリー生命、信用金庫の業界制度商品に『しんきんらいふ終身MSP<しあわせ、ずっと3>』、『しんきんらいふ終身MSP<おおきな、まごころ2>』を追加

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

損保

損保ジャパン、洋上風力発電所リスク評価モデルを刷新、保険引受の高度化に活用

関連商品