シンニチ保険WEB

FWD富士生命保が4月9日開催の「北極マラソン」の冠スポンサーに就任

FWD富士生命保は、4月9日(月)に開催する「北極マラソン」の冠スポンサーに昨年に引き続き就任した。同社はアジアの香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、台湾、日本から集まった障害者アスリートやアマチュアアスリート、計11名のランナーのスポンサーとなる。
日本からは、同社支援の下、SNS総フォロワー数160万人を誇るモデルの出岡美咲(izu)さん、実業家の佐谷恭さん(株式会社旅と平和の代表取締役)の2名の出場が決定している。
【FWD北極マラソンとは】
北極の上を42.195km走るフルマラソンとハーフマラソンの大会で2002年より開催。ランナーの体感温度はときに-40℃前後にも達すると言われ、想像を絶する極寒の中で走り続けるため、最も寒い環境でのマラソン(World’s Coolest Marathon)と呼ばれる。参加者は北極の凹凸のある雪上を極寒に耐えぬく防寒着やゴーグル等を身につけながら走る通常のマラソンとは異なる険しい環境下でのアドベンチャーマラソン。
毎年世界各国より多くのランナーが参加しており、昨年は55名が参加。今年も多くの参加者が見込まれている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、スポーツ庁とeiiconcompanyが運営するアクセラレーションプログラム「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」に参加

損保

あいおいニッセイ同和損保所属の秋田啓選手が東京2020パラリンピック男子車いすバスケットボールで銀メダルを獲得

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手が全米オープンに出場

損保

三井住友海上、東京2020パラリンピック競技大会マラソン女子視覚障がいクラス道下美里選手が金メダルを獲得

生保

FWD富士生命、FWD生命へ社名変更

損保

三井住友海上、パラリンピック・トライアスロン男子視覚障がいクラスで米岡聡選手とガイドの椿浩平選手が銅メダルを獲得

生保

住友生命、プロスポーツチームを通じた地域社会活性化への取組み

損保

SOMPOホールディングス、元ラグビー日本代表大野均&元サッカー日本代表佐藤寿人新アンバサダーに就任

生保

第一生命、「第39回第一生命全国小学生テニス選手権大会」へ特別協賛

生保

SOMPOひまわり生命、プロゴルファー金谷拓実選手と準所属契約を締結