シンニチ保険WEB

アクサ生命、東日本大震災復興支援を継続

アクサ生命は、東日本大震災による被災地の各種支援活動とともに、震災の経験や教訓を全国の学校現場における減災教育に活かすことを目的とした「アクサ ユネスコ協会 減災教育プログラム」の継続を決定した。
同社は、2011年より「みらいをつくろう」をテーマに東日本大震災の復興支援に取り組んでいるが、「アクサ ユネスコ協会 減災教育プログラム」は、同年4月に「復興支援 1件1ユーロ寄付キャンペーン」としてスタートし、現在も「復興支援 寄付キャンペーン『みらいをつくろう』」として継続している営業部門主導の被災地支援キャンペーンによる寄付金を原資として、2014年から実施している。公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟が、自然災害に備えるための教育に取り組む小・中・高等学校を全国から公募し、活動資金の助成と被災地での現場研修、東京での活動報告会を通じて減災教育のノウハウを共有するプログラムで、これまでに全国35都道府県、84校の教員が参加しています。各校が実施した活動に参画した児童・生徒、先生、保護者、教員、地域住民は約3万2千人にのぼる。
また、同キャンペーンを原資としたもう一つの取り組みとして、保護者の被災により経済的に就学が困難となった中学3年生の進学をサポートする「ユネスコ協会就学支援奨学金」への支援の継続も決定しました。みらいを担う子どもたちに教育の機会を提供し、安心し て学び、夢を育むことのできる環境づくりを引き続き応援する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、「#老後を変える」サミットを開催

損保

SOMPOホールディングス、事業創出プラットフォーム「SOMPO D-STUDIO」を設立

生保

日本生命、経済産業省「J-Startup」サポーターズへ登録

損保

アクサ損保、設立20周年記念“オリジナルの傘”を寄贈

生保

メットライフ生命、「アラムナイ コミュニティ」の立ち上げを発表

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2018」公演開始

生保

ソニー生命、太陽光発電設備「そらべあ発電所」を福井県の幼稚園に寄贈

損保

共栄火災、浄水剤704万錠分「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」の取組みでユニセフに寄付

損保

あいおいニッセイ同和損保、2017年度の収集ベルマーク約220万点を震災被災地の学校等に寄贈

生保

生命保険協会、「健康増進サポートプロジェクト報告書」を発刊

関連商品