シンニチ保険WEB

アクサ生命、東日本大震災復興支援を継続

アクサ生命は、東日本大震災による被災地の各種支援活動とともに、震災の経験や教訓を全国の学校現場における減災教育に活かすことを目的とした「アクサ ユネスコ協会 減災教育プログラム」の継続を決定した。
同社は、2011年より「みらいをつくろう」をテーマに東日本大震災の復興支援に取り組んでいるが、「アクサ ユネスコ協会 減災教育プログラム」は、同年4月に「復興支援 1件1ユーロ寄付キャンペーン」としてスタートし、現在も「復興支援 寄付キャンペーン『みらいをつくろう』」として継続している営業部門主導の被災地支援キャンペーンによる寄付金を原資として、2014年から実施している。公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟が、自然災害に備えるための教育に取り組む小・中・高等学校を全国から公募し、活動資金の助成と被災地での現場研修、東京での活動報告会を通じて減災教育のノウハウを共有するプログラムで、これまでに全国35都道府県、84校の教員が参加しています。各校が実施した活動に参画した児童・生徒、先生、保護者、教員、地域住民は約3万2千人にのぼる。
また、同キャンペーンを原資としたもう一つの取り組みとして、保護者の被災により経済的に就学が困難となった中学3年生の進学をサポートする「ユネスコ協会就学支援奨学金」への支援の継続も決定しました。みらいを担う子どもたちに教育の機会を提供し、安心し て学び、夢を育むことのできる環境づくりを引き続き応援する。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

日本生協連、豪雨被災地支援、広島の支援拠点が広島市安芸区から安芸郡坂町に移行

損保

三井住友海上、社員食堂等でのプラスチック製ストロー・カップの使用廃止

生保

ソニー生命、「そらべあ発電所」設置幼稚園・保育園を募集

生保

大同生命、寄付による大学等でのオープン講座

損保

大同火災、北海道胆振東部地震に関する災害義援金を日本赤十字社沖縄県支部へ贈呈

生保損保生損

アクサジャパングループ、「平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震」への復興支援金拠出を決定

生保

富国生命、平成30年度 宮城県への被災地応援活動を開催

生保

朝日生命、社内募金(「朝日の月」醵金)の寄付先を発表

生保

アクサ生命、埼玉県と「健康長寿埼玉プロジェクト」に関する連携協定を締結

損保

MS&ADホールディングス、「グリーンレジリエンス」を学ぶセッションを実施

関連商品