シンニチ保険WEB

日本生命、『福利厚生アンケート調査』報告書を発行

日本生命は、企業・団体のお客様向けに「ニッセイ『福利厚生アンケート調査』報告書」を発行しているが、今回より、調査対象企業・団体の従業員規模を1,000人以上から300人以上に拡大し、お客様の関心が高い、働き方改革、健康経営Rなどの取組について、898企業・団体の現状と課題をまとめている。
近年、少子・高齢化による労働力人口の減少、AI(人工知能)等のIT技術の進展等、経営環境が 大きく変化する中で、企業・団体にとって、多様な人材が活躍し、従業員・職員が満足して働ける環境の整備は大変重要な経営課題となっているが、調査の結果からは、労働時間の削減や育児・介護支援について、法整備に伴う具体的な取組が進む 一方、健康経営やメンタルヘルスについての実効的な対策は道半ばという現状が判明している。
※「健康経営R」は特定非営利活動法人 健康経営研究会の登録商標

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、都道府県別「危ない交差点ワースト5」を発表

生保

日本生命、円建劣後ローンによる調達を実施

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」平成30年8月度調査結果を発表

損保

SOMPOホールディングス、「認知症」に関する調査結果を発表

生保

生命保険文化センター、「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査(速報版)」まとまる

生保

日本生命、「平成30年北海道胆振東部地震」被災者への特別取扱いを実施

生保

日本生命、「健康経営の目指す姿」を策定

生保

メットライフ生命、敬老の日にむけて「『老後を変える』全国47都道府県大調査」を実施

生保

プルデンシャル生命、顧客ロイヤルティを測る指標NPS(R)ベンチマーク調査2018生命保険部門第1位に選出

生保

日本生命、「セカンドライフ」に関する意識調査を実施

関連商品