新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アフラックが4月に「アフラック仙台コールセンター」を開設

アフラックは、大規模災害リスクに備えた事業継続態勢のさらなる強化を図るため、4月に「アフラック仙台コールセンター」を開設する。
同社のコールセンターでは、保険に関する契約手続きや保険金等の支払いなどを中心に年間約340万件のお問い合わせに対応している。現在、関東(東京都)及び関西(大阪府・兵庫県)の2地域において合計約1,000人体制で運営しているが、お客様対応窓口の最前線であるコールセンターの体制をさらに強化するため、新たに宮城県仙台市に「アフラック仙台コールセンター」の開設を決定した。
これにより、大規模災害発生時にも安定的な業務の継続が可能になるとともに、雇用創出を通して同地域の経済活性化及び復興支援に貢献していく。
なお、「アフラック仙台コールセンター」は2018年4月に開設(同年9月より受電業務を順次開始)し、
2022年を目途とする300人体制に向けて、段階的に人員の異動・拡充(現地採用予定数:約260人)を行う予定。
【アフラック仙台コールセンターの概要】
・所在地:宮城県仙台市宮城野区榴岡1-2-13 ヨドバシ仙台第2ビル
・業務内容:契約に関する各種手続きや保険金等の支払いに関する受電業務
・開業時期:2018年4月2日(同年9月より受電業務を順次開始予定)
・社員数:2022年までに300人程度(うち現地採用予定数:約260人)

 

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上ホールディングス、東京海上日動が保有するトヨタ自動車普通株式の一部を応募することを決定

損保

MS&ADホールディングス、トヨタ自動車との株式の一部持合解消を実施

生保

SOMPOひまわり生命、本社機能を損保ジャパン霞が関ビルへ移転

損保協会・団体

損保協会、「令和7年度税制改正要望」を決定

生保

東京海上日動あんしん生命、「お客様本位の業務運営方針」に基づく2023年度取組状況等の公表

生保

三井住友海上あいおい生命、「営業職員チャネルのコンプライアンス・リスク管理態勢の更なる高度化にかかる着眼点」を踏まえた取組状況を公表

生保

SOMPOひまわり生命、「お客さま本位の業務運営方針」2023年度の取組状況を公表

生保

ジブラルタ生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に係る成果指標(KPI)および2023年度の取組状況を公表

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、令和6年7月9日からの大雨災害に対する非常取扱いを実施

生保

住友生命、「WE AT CHALLENGE」の募集開始

関連商品