シンニチ保険WEB

大同生命、平成29年度寄付による大学でのオープン講座を関西大学で開催

大同生命は、創業100周年を迎えた平成14年より、「寄付による大学でのオープン講座」を継続実施しており、今年度も全国各地の大学で開催する。講座内容は、大学ごとに独自の切り口で工夫を凝らし、中小企業経営に資する理論と実践を織り交ぜたテーマ・講師陣を設定し、過去15年間で延べ13,000人を超える受講者が参加している。関西大学(16年連続開催)の講座は、企業経営者が実際に直面した問題点や、それらを乗り越え解決してきた具体的な施策およびアイディア・手法などの紹介を通じて、企業の成長戦略・事業革新について考えるプログラムとなっている。
<講座の概要>
・テーマ 関西中小企業の活性化と経営革新セミナー
・対象 中小企業経営者・後継者、一般社会人
・日時 2月17日(土) 11:00~18:20 ※終了後、懇親会が開催される。
・場所 関西大学 梅田キャンパス8階 ホール(大坂市北区鶴野町 1-5)
・定員 100名 (定員に到達次第、受付締切)
・受講料 3,000円(資料・懇親会費含む全日程分)
・申込方法
以下のWEBサイトから申込める。(定員に達し次第、受付締切)
[講座ホームページ]
http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/event/detail.php?i=360
※パンフレット掲載先:https://www.daido-life.co.jp/company/csr/community/course.html

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行するジェンダーボンドに投資

生保

大同生命、「パートナーシップ構築宣言」を公表

生保

メットライフ生命、「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」始動

生保

太陽生命、世界アルツハイマーデーにあわせて認知症の予防に関する意識調査結果を公表

損保

損保協会、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表

損保

東京海上日動、社会課題の解決に向けた取組みを強化

損保

SOMPOホールディングス、介護用シャワー入浴装置「美浴(びあみ)」最新モデルの改良に「FutureCareLabinJapan」が協力

生保

住友生命、Olive Union、住友生命福祉文化財団がコンサートホールで次世代型イヤホン「オリーブスマートイヤープラス」視聴の試みを共同で実施

生保

メットライフ生命、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション」寄付総額が累計5億1,681万円に

生保

朝日生命、社内募金(「朝日の月」醵金)を寄付