シンニチ保険WEB

大同生命、日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルパートナー契約を締結

大同生命は、1月1日付で、一般社団法人日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルパートナー契約を締結した。同社は同連盟における初のオフィシャルパートナーとなる。
同社は、「全国障害者スポーツ大会への特別協賛」をはじめとして、四半世紀にわたり「障がい者スポーツの支援」に取り組んできた。また、平成29年2月には、世界トップクラスのパラアーチェリー選手である永野美穂氏が入社。以後、国内外の大会で数々の実績を残してきた永野氏の競技活動を会社として全面的にバックアップしている。
今後は同連盟のオフィシャルパートナーとして、「パラアーチェリーの普及・振興」や「パラアーチェリー選手の育成・強化」など、同連盟が行う活動の積極的なサポートを通じて、パラアーチェリー、ひいては障がい者スポーツのより一層の普及・発展に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

損保

大同火災、第104回全国高校野球選手権大会出場校への寄付金贈呈

生保

大同生命、BCP策定意向が拡大、リスク対策の意識が高まる~中小企業経営者アンケート6月度調査レポート~

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付

生保

マニュライフ生命、男子プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」と「ヴォレアス北海道×マニュライフ生命ミニバレーボールキャラバン」を開催

損保

MS&ADホールディングス、なでしこジャパン国際親善試合「MS&ADカップ2022」開催決定

生保

T&Dホールディングス、太陽生命、太陽生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する「ピースビルディングボンド(平和構築債)」に投資

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

損保

あいおいニッセイ同和損保、青木智美選手(競泳)が引退

生保

大同生命、神戸大学 経済経営研究所と共同研究を開始