シンニチ保険WEB

大同生命、日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルパートナー契約を締結

大同生命は、1月1日付で、一般社団法人日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルパートナー契約を締結した。同社は同連盟における初のオフィシャルパートナーとなる。
同社は、「全国障害者スポーツ大会への特別協賛」をはじめとして、四半世紀にわたり「障がい者スポーツの支援」に取り組んできた。また、平成29年2月には、世界トップクラスのパラアーチェリー選手である永野美穂氏が入社。以後、国内外の大会で数々の実績を残してきた永野氏の競技活動を会社として全面的にバックアップしている。
今後は同連盟のオフィシャルパートナーとして、「パラアーチェリーの普及・振興」や「パラアーチェリー選手の育成・強化」など、同連盟が行う活動の積極的なサポートを通じて、パラアーチェリー、ひいては障がい者スポーツのより一層の普及・発展に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、オープンイノベーションファンドへの戦略的出資を実施

生保

PGF生命、「日本シッティングバレーボール選手権大会」に協賛

生保

第一生命、【インパクト投資】株式会社QDレーザへ投資を実施

生保

住友生命、アクサ生命、高齢者住宅紹介会社の笑美面と資本提携

生保

FWD富士生命、アジア初上陸の氷上バトル『Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018』のオフィシャルスポンサーとして協賛

生保

T&Dフィナンシャル生命、「平成30年度東京都スポーツ推進企業」に認定

生保

第一生命、米国商業用不動産ローン(CML)への投資

損保

三井住友海上、「グランドスラム大阪2018」で新井千鶴選手が優勝、「2019東京世界柔道選手権大会」日本代表に内定

生保

第一生命、株式会社MOLCUREへ投資

損保

あいおいニッセイ同和損保、所属のアスリートを紹介する『OfficialGuide』を作成

関連商品