新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

大同生命、日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルパートナー契約を締結

大同生命は、1月1日付で、一般社団法人日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルパートナー契約を締結した。同社は同連盟における初のオフィシャルパートナーとなる。
同社は、「全国障害者スポーツ大会への特別協賛」をはじめとして、四半世紀にわたり「障がい者スポーツの支援」に取り組んできた。また、平成29年2月には、世界トップクラスのパラアーチェリー選手である永野美穂氏が入社。以後、国内外の大会で数々の実績を残してきた永野氏の競技活動を会社として全面的にバックアップしている。
今後は同連盟のオフィシャルパートナーとして、「パラアーチェリーの普及・振興」や「パラアーチェリー選手の育成・強化」など、同連盟が行う活動の積極的なサポートを通じて、パラアーチェリー、ひいては障がい者スポーツのより一層の普及・発展に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、特別協賛するJAPAN RUGBY CHALLENGE SERIES 2024の詳細が決定

損保

SOMPOホールディングス、理系分野の女子学生育成に向けた取組み~「GirlsMeetSTEM事業」に参画~

損保

SOMPOホールディングス、日本女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」とタイトルパートナー契約締結

損保

SOMPOホールディングス、元なでしこジャパン岩渕真奈氏が新アンバサダーに就任

損保

あいおいニッセイ同和損保、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとコーポレート・マーケティング・パートナーシップを締結

生保

大同生命、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)シグネチャーパビリオン「いのちめぐる冒険」に協賛決定

損保

三井住友海上、「第108回日本陸上競技選手権大会」女子3000mSCで西山未奈美選手が3位入賞

生保

大同生命、特別展示『大同生命の源流加島屋と広岡浅子』新企画展に新たな資料を追加~新紙幣の五千円札の肖像となる津田梅子と広岡浅子との関わりを紹介

生保

かんぽ生命、車いすテニスの大谷桃子選手がウィンブルドン選手権大会に出場

損保

三井住友海上、IoTスマートごみ箱で観光地のごみ散乱抑止と再資源化を推進

関連商品