シンニチ保険WEB

大同生命、日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルパートナー契約を締結

大同生命は、1月1日付で、一般社団法人日本身体障害者アーチェリー連盟とオフィシャルパートナー契約を締結した。同社は同連盟における初のオフィシャルパートナーとなる。
同社は、「全国障害者スポーツ大会への特別協賛」をはじめとして、四半世紀にわたり「障がい者スポーツの支援」に取り組んできた。また、平成29年2月には、世界トップクラスのパラアーチェリー選手である永野美穂氏が入社。以後、国内外の大会で数々の実績を残してきた永野氏の競技活動を会社として全面的にバックアップしている。
今後は同連盟のオフィシャルパートナーとして、「パラアーチェリーの普及・振興」や「パラアーチェリー選手の育成・強化」など、同連盟が行う活動の積極的なサポートを通じて、パラアーチェリー、ひいては障がい者スポーツのより一層の普及・発展に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、サイバーダイン社の新製品を難病患者を支援する諸団体に寄贈

損保

三井住友海上が2月18日に「第4回三井住友海上ゴミ拾い駅伝」を開催

生保

明治安田生命が「次世代トップアスリート応援プロジェクト」の2018年4月期の募集を開始

生保

明治安田生命、不動産投資等行う米子会社を合併

生保

日本生命、米資産運用会社TCWへの出資を完了

損保

AIU損害保険と富士火災が合併しAIG損害保険が誕生

損保

三井住友海上の鍋倉那美選手が「2017ワールドマスターズ・サンクトペテルブルグ」で準優勝

損保

三井住友海上、「平成29年度スポーツエールカンパニー」に認定

損保

道下美里選手(三井住友海上)が視覚障がい者女子マラソンの世界新記録を樹立

生保

マニュライフ生命が東京都スポーツ推進企業およびスポーツ庁のスポーツエールカンパニーに認定