シンニチ保険WEB

大同生命、サイバーダイン社の新製品を難病患者を支援する諸団体に寄贈

大同生命は、2016年9月に業務提携契約を締結したCYBERDYNE株式会社(以下「サイバーダイン社」)の新製品「Cyin(サイン) 福祉用」を、難病患者を支援する諸団体に寄贈することを決めた。
「Cyin福祉用」は、ロボットスーツ「HALR」と同様に、人が動作意思を発揮した際に脳から筋肉へ送られる信号を“生体電位信号”として読み取ることで、発話や身体動作が困難な方であっても、本製品本体やPC等を出力装置として介する意思伝達や、ナースコールなどのさまざまな環境制御機器の操作を可能にし、コミュニケーションや使用者の能動的活動を支援するデバイス。
大同生命では、サイバーダイン社との協働を通じた難病支援の一環として、2017年7月より、「医療用HAL(R)」による難病治療を保障する保険「HALプラス特約(保険料無料)」の販売を開始している。
今回の「Cyin祉用」の寄贈を含め、今後も様々な活動を通じて、難病患者の支援に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SBI生命、臨床研究対象患者数が定員に達する見込みのため受付を終了

生保

メットライフ生命、「#老後を変える」サミットを開催

損保

SOMPOホールディングス、事業創出プラットフォーム「SOMPO D-STUDIO」を設立

生保

日本生命、経済産業省「J-Startup」サポーターズへ登録

損保

アクサ損保、設立20周年記念“オリジナルの傘”を寄贈

生保

メットライフ生命、「アラムナイ コミュニティ」の立ち上げを発表

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2018」公演開始

生保

ソニー生命、太陽光発電設備「そらべあ発電所」を福井県の幼稚園に寄贈

損保

損保ジャパン日本興亜、セキュリティインシデントの発生率と損害額を定量化するサイバーリスク診断手法の開発

損保

共栄火災、浄水剤704万錠分「Kyoei Safe Water For Children プロジェクト」の取組みでユニセフに寄付

関連商品