シンニチ保険WEB

日本生命、米資産運用会社TCWへの出資を完了

日本生命は、12月1日付で合意した米国の資産運用会社TCWグループ(以下「TCW」)の持分24.75%の取得について、当局認可等、所定の手続きを経て12月27日付(米国東部時間)で出資を完了した。
TCWは、1971年に設立し、預かり資産残高約1,916億ドル(約21兆円、2016年末時点)を保有する資産運用会社である。米国債券運用領域に強みを持ち、多くの商品でパフォーマンスや運用プロセス・体制が評価され、数々の賞を受賞する等、マーケットで高いプレゼンスを有している。
今後は、同社への運用委託や人材派遣等を通じて日本生命グループの運用力強化を図っていく。さらに、国内・海外ネットワークを活用した相互商品供給等のグループ一体となった協業取組を推進していくことで同社の企業価値向上に努め、日本生命のアセットマネジメント事業のステージアップを目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、資産運用高度化に向けた有価証券運用システムを整備

生保

日本生命、2020年プロ野球「日本生命セ・パ交流戦」に協賛

生保

日本生命、千葉県版包括協定「2020ちばパートナーズ」に登録

損保

あいおいニッセイ同和損保、ドライバーの身体・認知機能に関する実証実験を2020年2月から開始

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債の発行

生保

日本生命、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」・「歯周外科治療におけるバイオ・リジェネレーション法」の「先進医療」からの削除(見込)について発表

損保

損保ジャパン日本興亜、半導体ベースの新型コンピュータを活用した損害保険ポートフォリオ最適化に関する実証実験を開始

損保

東京海上ホールディングス、ブラジルにおける保険合弁会社の設立(特定子会社の異動)

生保

日本生命、2020年社長年頭挨拶を公表

生保

日本生命、新WebCM“「老後資金3分法」編”公開

関連商品